FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

ようこそシルフィーユへ

 早いもので、シルフィーユが始まって、すでに半月になります。
 本当に時間の速さを感じます。

 シルフィーユの最寄り駅は、地下鉄丸ノ内線と、都営大江戸線が走っている 「中野坂上」

 丸ノ内線ですと、新宿から2駅の場所です。
 (新宿→西新宿→中野坂上)
 都営大江戸線であれば、都庁前から2駅です。
 (都庁前→西新宿五丁目→中野坂上)

 新宿から近くて、とっても便利です(^^)
    昔は、新宿から たった1駅だったんだけど…

 中野坂上の駅に着いたら、まずはとにかく階段を上がって、改札を出てください。

改札

 上の写真は、丸ノ内線の改札です。
 (都営大江戸線の改札は、また別です。)

 そして、まずはとにかく、この2番出口を探してください。
2番出口
(他にも中野坂上駅には、「A2出口」 というのもあって、非常にまぎらわしいのですけど、そこではなく、この 「2番出口」 です)

 ここの階段を上ります。

2番出口外

 階段を上がったら、左に進みます。
 (実は右から進んでも、ちゃんとシルフィーユに着きます…)

曲がり角

 そして、出たビルの角を左へ曲がります。

 自販機

 そうすると、看板の下に自動販売機がいっぱいあるような所に出るので、セブンイレブンの看板を目指して、10秒歩いて下さい。

セブンイレブン

 セブンイレブンの横の小道を曲がります。

 新サロン ド シルフィーユの玄関


 この入口の2Fまで上がって、204号室が、都会のオアシス 「シルフィーユ」 です。

 ちなみに、行き方の地図はこちら↓↓です♪

シルフィーユへの行き方

 どこからか 「浅野太志よ、じゃあいったい前の銀座のオフィスは何だったんだ…」 という声が聞こえてきそうですが…

 あれはですね…
 まあ、ちょっとした共同オフィスでしたね(笑)

 でも、今度は正真正銘の浅野太志の鑑定オフィス 「シルフィーユ」 です!

 と言う事で、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております(^^)    なんなんだ、今日のブログは…

 P.S.
鴨書店 今日は、板橋十条にある、占い専門書を扱っている老舗 「鴨書店」 に行ってきました。

 ここは、いわば日本で最も多くの占いの書を扱っているお店と言っても良いでしょう。

 僕も今まで、何度足を運んだことか…

 実は、鴨書店さんには、「四柱推命完全マニュアル」 とか 「タロット完全マニュアル」 とか、ホームページの 「新本:新着情報」 にも大きく載せていただいて、紹介してくださいました。

 だから、一度はきちんとお礼をしなくてはと思いながら、当時は千葉に住んでいたから、なかなか板橋十条まで行く事ができなかったのです。

 でも、やっと今、東京に引っ越してきたので、念願かなってご挨拶ができました。

 鴨書店の受付の方はすごく親切で、しかも占いに精通して見えるので、尋ねればいろいろと教えてもらえます。

 鴨書店ホームページ
 http://www.kamo-books.co.jp/

 通信販売もやっていますので、よろしければ、遠方の方も是非利用されてみてください。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

人は誰でも必ず幸せになれる

 今日はシルフィーユで、朝から夜までずっと鑑定三昧でした。
 外はもう、かなり寒くなってきたので、今日からエアコンをフル稼働です。

 それにしても、本当にこんなにたくさんの素敵なお客様がシルフィーユにいらっしゃってくださって…

 他にもいくらでも実力のある占い師がいるのに、本当に僕の所でいいんですか… という感じです。

 でも、こんな僕を選んでくださったのですから、僕のできる限り、気合い入れて真剣に鑑定させて頂きます!

 そして、「四柱推命講座・初級編 第4期」 は本日、お陰さまで定員の5名が満席になってしまいました。
 募集を開始して、あっという間に埋まってしまったので、本当驚いています。
 ひょっとしたら、このシルフィーユの部屋に、人を引き寄せる特別な何かがあるのかも知れません。
 (引き続き、「タロット講座・小アルカナ実践編」 は募集をしております。)

バリスタ 昨日、お世話になっている社長が、シルフィーユの備品にと、コーヒーマシンをプレゼントしてくださいました。

 すごいです!
 これ、コマーシャルとかでやっている高級コーヒーマシン 「ネスカフェ バリスタ」 です。


コーヒーマシン

 これからは、これを使って、シルフィーユにお越しになる方に、美味しいコーヒーを出せたらと思います。
     使い方、マスターしなくっちゃ…

鹿児島の地酒 そして、今日の朝、いつもシルフィーユに宅急便を持ってきてくれるクロネコヤマトのお兄さんが、素敵な贈り物を持ってきてくださいました。

 これ、鹿児島の地酒ですね。

 見るからに高級そうな本格焼酎です。

 僕の四柱推命の受講生でもある、手相家の麗貴先生からの開店祝いでした。

 本当にありがとうございます!

フランスワイン そしてこれは、本日最後のお客様のEさんから頂いた、高級フランスワイン…

 度数12.5%です。

 これまた、少し飲むだけですぐに気持ちよくなってしまいそうな(笑)
   最近、本当お酒弱くなった…

 他にも、本当にたくさんの開店祝いを頂いていて、片っぱしから写真に撮って紹介したいくらいなのですが、いい加減にしないと何のブログだか訳がわからなくなるので、この辺でやめておきます(笑)

 誤解のないように述べておきますと、もっともっと贈り物を持ってきてほしいという意味ではありません。

 ただ、その気持ちが本当に嬉しいんですね。

 それは贈り物だけではなくて、心のこもった手紙やメールでも同じですし、別にそんな連絡なんてなくても、以心伝心というか、今の僕には、そういう優しい気持ちが何となく感じ取れたりします。

 ブログとか、ホームページとか、いつも見ていてくれてるんだな… って思うと、それだけでとても嬉しくて、胸が熱くなります。
 こんなにもたくさんの人に愛されているのを感じられて、僕はまるで天国にいるみたいです。

 本当に人生が幸せに満ち足りているのを感じます。
 ひょっとしたら、これは夢なのじゃないかな… って、怖くなります。
  今日はお酒は飲んでいないのに、パソコンの前で居眠りしてしまった…

 昔、なんかのラジオ番組(お悩み相談みたいなやつ)を聞いていた時に、その番組のカウンセラーが言っていた、すごくインパクトがあって忘れられなかった言葉があるんです。

 それは 「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」 という言葉。

 この言葉、カナダの精神科医のエリック・バーンの名言らしいです。

 まさにこれは、この世の道理だと思います。
 でも、厳密には、「(過去と他人は)変えられない」 ではなくて、「変えようとしてはいけない」 という言い回しの方が正しいかも知れません。

 僕の経験則からするに、自分の心が変われば、他人の心も変わります。
 これは、間違いないと思う…

 今、僕は本当に素敵な人達に囲まれて、周りには、嫌いな人も苦手な人も一人もいないけど、昔からそうではありませんでした。

 自分の周りにいる人がほぼ全員、すごく怖くて苦手な人や、腹の立つ事をする大嫌いな人ばかりだったという時代も長かったんです。

 あの頃は本当に生き地獄にいるみたいでした。
 まあ、今思えば自業自得なんですけど…

 自分勝手で、人に対しての思いやりがないと、やっぱり、自分勝手で優しくない人ばっかりが、近くに集まってきます。
 そして、奪い合いや けなしあいが始まる…

 そんな時はついつい、周りの誰かを責めたくなるけど、やっぱり自分の中にも反省材料があったりするんですね…

 自分の心が豊かになって、人に優しくなれると、不思議な事に周りにいる人も、みんな優しい人になっていきます。

 何でこんな現象が起こるのか良く分からないけれど、やっぱり間違いなくそうなっていきます。
 ひょっとしたら人の心は、みんなつながっているからかも知れません。

 つまり、一見自分の意識だけが成長したように感じるけど、実はそうではなくて、深い部分でつながっている自分と周囲の人の深い部分の意識が、まるまる上昇したのかも知れません。

 ちなみに、自分のレベルがぐんと高まってくると、周りの人の心は、それにつられて高まるか、もしくは離れていくかのどちらかです。
 相変わらず自分勝手な人とは、自然と縁がなくなっていきます。

 自分勝手で、人に対する思いやりが全くなくて、生き地獄にいながらも、何一つ自分は悪くないと思っていたあの頃…
 僕は、この先の自分の人生は、決して幸せになる事もないだろうと思っていました。

 あの頃は、日々の悩みが尽きる事もなかったし、この世というのは不平等で、幸せになれる人生と、絶対に幸せになれない人生があると思っていました。

 でも、今は違います。

 エリック・バーンが言ったように、「未来と自分は変えられる」 そして、自分の心を変える事で、他人の心だって変えられるし、未来は変わる。

 人は誰でも必ず幸せになれる…

 この事は絶対に正しいって、今なら自信を持って断言できるようになりました。

 P.S.
 先日、シルフィーユにいらしてくださった坂口季毅先生は、若いながらにしっかりと鑑定をしてくれる鑑定師です。

 今回の初のシルフィーユ講座である 「四柱推命講座・初級編」 にも申し込んでくださいました。

 必ずや期待にそえる講座にしますからね…

 ブログに遊びに行ったら、なんとシルフィーユの事も書いてくださっているのですね。
 本当にありがとうございます。

  to&u 占いブログ

 坂口先生は、僕と同じで俳優を目指していた事もあって、すごくイケメンなんです。
    あっ、僕がイケメンと言う意味ではありません(笑)

 とっても素敵なブログですから、皆さま是非、ご覧になられてください(^^)


クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

やっぱり本物はすごいや…

 昨夜は久しぶりに、すっかり飲み過ぎてしまいました。
     だいたい、お酒が入るとブログの更新が遅くなります…(反省)

 昨日、お昼シルフィーユの掃除をしていたら、素敵なお花が届きました。

   村野先生からのお花

 村野大衡先生からでした。

 早速、お部屋に飾って見ました。

 村野先生には、これまでたくさんの台湾なんかのおみやげを頂いていて、僕はそれらをシルフィーユの部屋に飾っているんです。

   村野先生からの贈り物数々

 これ全部、以前村野先生から頂いた、台湾の縁起がいいおみやげです。
 これで、シルフィーユが繁盛する事は間違いありません。

 そして昨日、村野大衡先生本人が、このシルフィーユへ遊びに来てくださいました。

    村野大衡先生 イン シルフィーユ

 村野先生とは18年ぐらいのつき合いになります。
 これまでずっと、まるで弟のように、可愛がって頂いています。

 僕にとって、村野先生は常に目標であり憧れの人でした。

 前にもブログに書いたように、僕に占い師という職業が向いていると、一番最初に看破してくれたのは村野先生でした。
 (2012/4/27ブログ 「苦しみを一緒になって…」 参照)

 今 僕はこうして、本当に幸せな人生を送っていますが、この占い師という職業についていなかったら、この今の人生の充実感を感じる事はできなかったでしょう。

 という事で、2人で中野坂上の街を散策する事に…

 中野坂上って、食べ歩くお店には事欠かない場所なんです。

 ぐるりと街を一周して、入る事にしたのは、シルフィーユのビルのすぐ隣にある雲南料理のお店でした。

  過橋米線 中野坂上

   過橋米線 中野坂上

 村野先生が、開店のお祝いにと、飲み放題のフルコースをおごってくださいました。

 こうして村野先生と飲むのは本当に久しぶりです。
 お互いに仕事が忙しくて、なかなか会えないでいましたから…
   過橋米線にて

 次々と運ばれるコースの薬膳料理…
 味付けがすごくあっさりとしていて、美味しいです。

 飲み放題のコースとあっては、飲みまくるしかありません(笑)

 村野先生も僕も、普段酔っぱらうまで飲むような事はほとんどないのですが、あまりにも楽しくて、二人でかなりの量のお酒を飲んでしまいました。

 それにしても、こうして久しぶりに村野先生にお会いして、「やっぱり村野先生は本物だ」 と思いました。

 身内びいきに思われるかも知れませんけど、結構深酒(ちょっとろれつが回らなくなるくらい…)をして、いろんな事を語らいあった時に、正直 僕にはとてもかなわない… というのを改めて実感したんです。

 もちろん、村野先生の占術の知識や実力については、誰もが知る所ですし、今さら僕が言うまでもない事なのですが、それだけではなくて、生き様というやつですね。

 飾らない等身大のありのままの村野先生の話を聞いたら、「これは絶対かなわない…」 と思いました。

 村野先生はすごく気さくな先生なのですが、その生き様というか、真摯さというか、具体的には書けませんが、これは並みの人間のレベルではないです。

 運の法則とか、そういったものを全部理解した上で、いろんなハンディも乗り越えて、自分に対して厳しく生きていらっしゃると言いますか…
 多分(いや絶対)、誰も真似できません(笑)

 こういうのが 「本物」 だと、思いました。

 村野先生とは、もう18年も親しくさせて頂いてますが、正直今まで、これほどまでの先生だとは思いませんでした。

 村野先生のホームページ 「中国占術 乾元会

 やっぱり、本物はすごいや…

 昨夜は、お店の閉店の時間まで時が経つのを忘れて飲み続けていました。

 村野大衡先生のブログ ほのぼの占い師“村野大衡”

 シルフィーユの部屋で、ぐっすりと眠って目覚めた朝はすがすがしくて…(こうなる事を予想して、今日は休日にしていた)

 さあ、今日はこれから、またしても溜めてしまったメールを、どんどん返信します!


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

幸せはみんなで共有したらいい

 僕にとって、東京でオフィスを構える事は、確かにかなり前からの夢だったのですが、ある意味これは、運命に導かれた気もするんです。

 僕は本当に、何をやるにも動きが遅いというか、腰が重い所があって、そんな事じゃいけないと思って、生意気なブログ(11/7ブログ 「やってみなければわからない」参照)を書いたりもしてますけど、このシルフィーユに関する事も同じでした。

 実の事を言うと、シルフィーユのきっかけになった事は、他の人から東京で一緒にプロジェクトをやろうというお話を頂いたからなんです。

 残念な事に、その話は途中で頓挫してしまったのですが、どうしても気持ちの上で引っ込みがつかなくなった僕は、その後も一人で東京進出を推し進めていったのです。

 おそらくはあの経緯がなかったら、「いつかは東京進出する」 とか言いながら、今もまだ、千葉でファミレス鑑定をしていた事でしょう。

 実際、自分一人の予算では資金的にギリギリの状態だったので、東京都内でお店を出すと言っても、都心から離れたちょっと駅から歩くような所でお店をやるしか道はないな… と考えていた所へ、S君が助け舟を出してくれたという流れです。

 パリに行った時もそうでしたが、本当に僕のやる事はいつも危なっかしいというか、正直こんな形で、こんな中野坂上の一等地にシルフィーユが出店できたのは奇跡に近いです。

 運命の流れに本当に感謝しています。

 で、その前の共同プロジェクトの段階で、問題としてずっと浮上していたのが、今までみたいに個人でメールや電話をやり取りしながら、鑑定の予約を決めるような時間はもうないという事…

 会社にする訳ですから、当然です。

 だから、予約を担当してくれる人を雇う… という方法もあるのですが、なるべくなら余分な所で予算は使わない方が賢明です。

 そうなると、一番効率的な方法が、パソコンのWeb上のオンライン予約システムを活用するという方法…

 とはいえ、こういうWeb予約のシステムをプロにオーダーメードで作ってもらうとなると、ものすごいお金がかかります。
 だいたい、100万円ぐらいは覚悟しておいた方がいいですね。

 でも僕は、なんとか30万円以内でおさえたいと思ったのです。
 共同プロジェクトで、最初の初期費用として経費で落とせるとしても、やはりこの金額が限界かなと…

 30万円という低予算でも、知っている人のツテとかを使えば、決して無理ではない金額だと僕は考えました。

 そして、前回、I Phoneのアプリ 「恋と出会いの四柱推命」(5/22ブログ 「最高のタイミングで渾身の一撃を」参照)で、大変お世話になった、㈱イズバックの鯉沼様にお電話をして、いろいろ調べて頂いたのです。

 鯉沼様も、何一つメリットにもならないのに、僕の為にいろいろと業者を当たってくださいました。

 そして、鯉沼様が紹介してくださった、テクニシャン様のお陰で、念願のシルフィーユの予約管理システムを完成させる事ができました。

 それがこれ…

 http://esp07.dt-r.com/sylph/

 この予約管理システムのいい所は、オーダーメイドとほとんど変わらないくらいのカスタマイズができるんです。

 もしも、パソコンの操作の仕方がわからなくても、ダイレクト・リザーブ(03-5460-6136)に電話をすると、担当の田原様がものすごく親切に教えてくれるので、僕みたいにそんなにシステムに強くない人間でも扱えます。

 そしてなんと最初の1ヵ月は、無料体験できます。

 このシステム、いくらだと思いますか(笑)

 なんと、1ヶ月たったの3,000円です!

 占い師さんで、予約が入る度に何度も何度もお客様とメールをしたりしているような人なんかには、ぜひお勧めです。
 今、僕の仕事がちゃんと回っているのは、予約のスタイルを予約システムに切り替えたからです。

 もちろん、占い師じゃなくても、一人で商売をされている人にとって、これはすごく活用できるとでしょう。

 という訳で、このサイトで簡単に予約管理システムができます。

 Direct Reserve
 https://direct-reserve.info/

 それにしても、こういった情報を手にした時に、どう対応をするかで、その人の今の運気を垣間見る事ができるのかも知れません。

 ネットワークビジネスみたいに紹介料が支払われたりするのなら別ですけど、そうでもない限り、自分が得した情報を他の人に教えても、確かに直接的な利益は何もありません。

 逆に、「コイツ、この会社から広告掲載料もらってるんじゃないの?」 とか、思われるのがオチですし…
    一切もらってません(笑)

    
 むしろ、内緒にしておけば、同業者の競合相手よりも自分が一歩先にいける訳ですから、秘してその恩恵を一人占めしようとする人の気持ちも分かります。

 あのシルフィーユの予約システムだって、だまっていれば、浅野太志が業者にオーダーメードで100万ぐらい予算をかけて作ったようにも見えなくもありませんし(笑)

 でも僕はこういう時こそ、役に立つ情報をみんなで共有するべきだと、考えます。

 もちろん、その情報を提供したとしても、他の人も自分と同じように、「これはすごい」 と思ってくれるという保証もないですけど、少なくとも自分は 「これはすごい」 と思ったのは事実ですから…

 あとは、必要な人が、勝手にその情報を活用して、幸せになってくれたなら、それでいいって思います。

 そういう気持ちになれる人こそが、どんどん運気も開いていく気もする…

 僕自身、こうして無償で、たくさんの人から恩恵を受けて、いろんな情報を教わって… その幸せの気の流れの中で生きています。
 その流れを自分の所でせきとめて、一人占めしようとしてはいけないし、そういう心の狭い事を考える人は、せっかく与えられた恩恵も長続きしないでしょう。

 人に幸せを与えた分だけ、自分も与えられるのが、この世の法則ですから…

 ましてや、自分の利益の為だけに、同業者つぶしにかかろうとするようなのは、もう最悪です。
 そういう考え方では、一時的には利益を得られるかもしれないけど、必ず自滅は余儀なくされるでしょう。

 幸せはみんなで共有したらいい…

 その素敵な気の流れの中で、みんながお互いに幸せを分け与えながら生きていけたら、本当に素晴らしい事だと思えるんですね。


 
クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

もしも人生があと10日で終わってしまうとしたら…

 今日の東京は、かなり肌寒い一日でした。
 冬が一刻一刻と近づいてきているのを、肌でじかに感じた気がしました。

 考えてみれば、もう11月半ばなんですね…
 
 気がついたら、このブログも今日を含めてあと10回で終わりです。    ついに今日で、カウントダウンも一ケタ…

 今日は、以前から行きつけだった歯医者さんに通う為に、久しぶりに松戸に行ってきました。
 担当の歯科医の先生も、歯科衛生士の先生も、すごく丁寧にやってくれるので、引っ越した今も、ここに続けて通っているんです。
 (9/15ブログ 「人間の自然治癒力は虫歯でも治す」 参照)

 行き帰りの山手線の満員電車の中で揺られながら、残り10回の間にブログに書いてみたい記事の内容を思い浮かべてみました。

 パッと思いつくだけで、軽く10回分以上のネタが出てきますね…

 もうすでに、書く事を予定している絶対に外せない記事もあるから、思いついたものを全部書くのは無理です。
 だから、この中で取捨選択しなくちゃですね。

 どうでもいいようなネタは、取りやめるしかない…

 そんな事に頭を巡らせていたら、ふいに、自分の人生があと10日しかなかったら、どうするかなって、想像してしまいました。

 人生が残り10日間しかなかったら、その10日の間に、一生の内に一度はやってみたかった事を片っぱしからやってみたい…

 でも、それって一体何だろうって、真剣に考えました。

 世界一周旅行? 最高に美味しいグルメを食べる?
 大好きな人に告白する?
 ぶっちゃけ、自分の性欲を思いっ切り満足させる?

 でも、たった10日しかないなら、余程要領よく立ち回らないと全部できない…
 やっぱり、この中でも取捨選択しなければいけなくなりそうです。

 誰だって、一生の人生の中で、自分のやりたい事が全て出来る訳ではないですし…

 ありがたい事に、ほとんどの人は、死ぬまでにあと何日残っているかなんて分からないし、そんなものが分かってカウントダウンなんてされたら、たまったものではないですけど(笑)

 でも、いつしか死はやってくるのだから、間近になって後悔しないように生きられたらと思う…

 今 本気で感じたのは、本当にやりたい事を先送りするのは、すごくもったいないという事…

 あと10回しかないブログなのに、今 本当に書きたい事を先送りしたら、今度また ちゃんとそれが書けるかなんてわからない…
 未来にはまた、別の書きたい事が出てくるんですから…

 人生だって、それと同じだと思う…

 僕が人生が残り10日間しかなくて、もしも、その間に自分のやりたい事の中で、たった一つの事しか選べなかったとしたら…

 まあ、やりたい放題して、自分の性欲を思いっきり満足させるのもいいと思うけど(笑)
 でも、それを選んじゃったらきっと、性欲だけが満足して死を迎える時、ふっと淋しい気持ちになる気がするんです。

 そうですね… 冷静に考えたら、そんな選択をするのは多分もったいないですね。

 僕なら、今の自分がやりたい事を、心ある人に伝えて、後を引き継いでもらう事を考えます。
 そうすれば、例え自分は死んでも、志だけは永遠に生き続ける事ができるから…

 ひょっとしたら僕は、今まで自分が生きてきた証が欲しいのかも知れません。

 このブログもあと10回を迎えて、僕は仕事上の新しい試みをする事にしました。

 それは、この自分のオフィス 「シルフィーユ」 を会場にして、四柱推命講座を開く事です。

 今まで講座は、お世話になっている社長の力を借りて、全部 外で会場を借りて行なっていたのですけど、これから四柱推命講座のみ、シルフィーユで全部一人で行なう事にしました。

 タロット講座に関しては、これからも今まで通り、社長のサポートを受けて、「梅屋敷」 で行なうつもりです。

 こうしたのは、いろいろな意味があります。
 単に、費用の軽減だけが目的ではありません。

 タロット講座は、タロットカードを広げるスペースが必要な分、よっぽど人数が少なくない限りはシルフィーユで開催するのは無理です。
 でも、四柱推命講座でしたら、5名ぐらいまででしたら、余裕で収容可能です。

 逆に四柱推命は、タロットに比べて理解するのが難しいし、受講する人も質問したい事がいっぱい出てくると思うんです。

 会場を借りている場合、場所の時間の制約もあるし、お世話になっている社長を外でお待たせする訳にもいきませんから、どうしても質問は後日… という風にせざるを得なかったのですが、シルフィーユで僕が一人で講座をやる分には、心おきなくその場で質問に答えられます。

 もちろん、受講される方の帰りの時間の予定もあるでしょうし、僕もその後に鑑定を入れたりもしますから、無制限に時間を取る事はさすがにできませんけど…

 僕は、自分なりに、占いというものに対してのこだわりがあります。
 占術そのものにこだわりがあるというよりは、占術の扱い方というものへのこだわりですかね。

 そうですね… 占いで決めつけて、人に不幸な予言をして、何の解決策も出さないとか、それを脅しに利用して高額な何かを売りつけるとか、宗教に勧誘するとか… もう本当に許せないと思う。

 だからこそ、本当に心ある 人を幸せにする為に占いを活用できる占い師に、どんどん世に出てきてほしいと思うんです。

 四柱推命というのは、本当にピンキリで、「あなたは来年から10年間、傷官が巡るので結婚してはいけません」 とか 「あなたは生まれながらに、性格が悪いのがわかります」 とか、いまだにおかしな事を言う占い師が後を絶ちません。

 ちゃんとした四柱推命をやっている人からしたら、本当にいい迷惑です。

 そうではなくて、きちんとした四柱推命を、一人でも多くの人にお伝えしていければ、僕の本望です。

 という訳で…

 「四柱推命講座・初級編 第4期」 を、来年1月10日から、毎週土曜日に開催いたします。

 シルフィーユでも無理すれば、8名くらいは収容可能かなと思ったのですが、さすがにみんな暑苦しいと思うので、定員は5名にしました。

 定員になり次第、募集終了となりますので、皆さまお申し込みはお早めに(^^)

 もうすぐ年末…
 今年最後の締めくくりに、思いっきり頑張りましょう!

 P.S.
 1年前に開催した、「タロット講座・大アルカナ編」 に参加してくださった吉澤さんが、とっても素敵なブログを書かれていました。

  占い師の日記

 1回1回のブログが、とても簡潔に素朴な言葉で書かれていて、感動します。

 こういうブログもいいですね。
     これからの自分の新境地を見た気がした…

 吉澤さんは、人柄もすごく素朴で真っ直ぐな人なんです。
 このブログの事も、僕が改めてメールするまで一切公表されませんでしたが、公表するならちゃんとイニシャルではなく実名を使ってほしいとの事でした。

 こういう所が、僕は好きですね。

 吉澤さんの人柄と相まって、一日一日の日記の言葉がズシリと胸に沁み込みます。
 是非一度、皆さまお読みになって見てください。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)