FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

この小さな樹木のように

 シルフィーユ本開店まで、あと1日。
 そして、このブログもあと20回で終了…

 なんか、あっという間にここまでたどり着いた気がします。

 今日は、シルフィーユの最後の準備の追い込みに入りました。
 やっぱりお店ですから、できる限りオシャレに見せたいというのはあります。

 もちろん予算に限りがありますから、そんなにゴージャスなものは作れませんけど、それでもかなめの部分は、少しはお金掛けてます。

 正直、かなり個性的だと思いますね。
 また、明日あたりにでも写真載せようと思いますが…
       別名、緑の屋敷(笑)

 今回ものすごく頭を悩まされたのは、水回りです。
 水回りなんて、鑑定には全く関係ないし、どうでも良さそうな所なので、本当は手を抜きたかったのですが…

 でも、鑑定前にお手洗いとか行かれたくなる人だっていると思うし、やっぱり鑑定室までの通り道に、鑑定にまるで関係ないつまらないような物が視界に入ると、誰でも多分、興ざめしちゃうと思う…

 それらを、どうやって見えないようにするか… 精一杯の力を注ぎました。
 天井にカーテンレールを取り付けて、カーテンで目隠ししたりとか… 生活感あふれる床のタイルの上から、カーペットを敷きつめたりとか…

 普通なら、業者に依頼するような作業内容ですが、全部自分でやりました。
 予算の節約というのもあるけど、それ以上に本当に自分が納得できる鑑定オフィスにするには、やっぱり自分でやってしまうのが一番かなと…

 やたら時間がかかりましたが、自分で言うのもなんですが、中々の出来になったと思います(^^)
 自分のオフィスだから、思い入れもあるし妥協したくない… 頑張って当たり前ですね。

 かなり体力を使い切りました。
 何度も何度も堅い材質のものに、ネジを打ち込んでいたので、ドライバーを持った右手が腱鞘炎(けんしょうえん)状態です(笑)

 とりあえずひと通りの物を設置して、鑑定室を見渡してみたのですが、まだ、何かが足りないような気がしたんです。

 すごく立派になったけど、なんとなくここには命が吹きこまれていないような…

 そして気づきました。
 これを打開するには、観葉植物を置くべきだという事を…

 手頃な値段の観葉植物はないかな… って思いながら、昔からよく利用していた、この近くにあるホームセンターの 「島忠」 に行ってきました。

観葉植物 良いのがありました。

 こんな素敵なモンステラが、たったの1,050円(税込)です。

  一万円ちかくすると
  思ってた…


 早速、ソファーとソファーの真ん中に置いて、「これからよろしくね…」 って話しかけてみました(笑)

 案外、植物って人の気持ちを理解しているって思うんですね…

 お店の人に聞いたら、これからもっともっと大きくなるとの事でした。
 なんだか、楽しみです。

 さて、僕自身ももっともっと大きくならなくちゃ… ですね。

 この小さな樹木のように、今はまだまだ非力ですけど…

 シルフィーユのモンステラと一緒に、これから、どんどん成長していきたいと思います。

 P.S.
 やっと、今日になって、11月の予約のシステムを更新しました。
 これ、会員とかにならなくても予約できます。
 もちろん、会員になってくださる人、大歓迎ですが…

 http://esp07.dt-r.com/sylph/

 以前からメールで頂いていた予約で、ところどころ埋まっています。

 ちなみに、早速11月2日がお休みなのは、この日に溜まりに溜まっているメールの返信をやる為です。
    いつもいつも返信が遅くなってしまって、本当にごめんなさい…

 明日は 「メルマガ・シルフィーユ」 の発行…
    ヤバい… 何も準備してない(汗)

 でも、もう少ししたら、やっと生活も落ち着きますから、こんなにもメールの返信が遅くなる事もなくなるはずです。

 明日から、シルフィーユ本格起動… 頑張ります!
 

クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事