FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

恐れれば恐れるほどに怖くなる

 窓の外で鳴いている虫の音が心地よいです。
 もう秋なんですね…

 最近、働き過ぎがたたってか、どうも体調不良で…
 まあ、大した事はないんですけど(笑)

 この前、歯医者さんで貧血起こしちゃった話(9/1ブログ 「今年の秋の課題」参照)をしましたが、メニエル症候群って、目まいになる前に耳がつまったような感じになっているんです。
 なんか、耳せんしてるみたいな…

 実は、ほとんど寝ないで、「タロット占い完全マニュアル」 の原稿作っている時から、僕もずっと慢性的にそんな感じだったのですが、ちょっと辛かったので、思い切って耳鼻科行ってきました。

 耳鼻科の先生に、耳の中にカメラのついた棒とか、いろんな物を入れられるんですけど、入れられる瞬間って、なんか怖いですね。
 すごく痛いんじゃないかって思うと、恐怖で血の気が引きます(笑)
 まあ、全然痛くはなかったんですけど…

 そうそう、先日も歯医者さんに行った時にも、
 「麻酔打ちますから、ちょっとだけチクッとしますよ」
 って言われて、いつその瞬間が来るのだろうと思うと、なんか心臓がバクバクして止まりそうになりますね(笑)
     お前だけだ…

 目の上から、ガーゼをかぶされているから、何も見えないし、いつ麻酔の中がが来るのかわからないと思うと、不安で不安で逃げ出したくなります。

 実際の 「チクッと」 は、全然大して痛くなかったんですけど、それまでの時間が辛いんです。

 誰だって怖いものがあるし、人それぞれ、怖いものって違います。

 尖がったものが怖かったり、暗闇や狭い所が怖かったり、高い場所が怖かったり…

 ちなみに僕は、極めつけの高所恐怖症です。
 エッフェル塔に登った時には、死ぬかと思いました(笑)
 (2012/3/21ブログ 「パリの休日」 参照)

 これは小さい時のトラウマのせいなのか、遺伝なのか、場合によっては前世の記憶の影響というのも、僕はあると思うんですけど、どっちにしても、怖いと思う感情が増幅してしまった結果である事は、間違いありません。

 怖いと感じる時間が短ければ短いほどに、恐怖そのものも小さくなります。

 恐れれば恐れるほどに怖くなる…

 恐れると、どんなつまらないものでも怖くなるものです。

 だから必要以上に恐れないで、気持ちを強く持ってみる…

 人間の底力ってすごいから、気持ちの上で負けなければ、大体のものには打ち勝てるはずだって、僕は思うんですね。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事