FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

人生は一度きり

 今日は夏至…
 太陽が一番空高く昇って、まぶしく地球を照らす日です。
 そして、お昼の時間が最も長い日…

 ちなみに、今日の東京の日の入りは19時ちょうどです。
 参考までに、今年の一番日の入りが遅い日は、6月28日
  … 均時差のおかげでこうなる(^^)


 パリなんかですと、この時期には夜の8時になっても、まだ空が明るいです。
 パリの地方時差の関係で、そうなります。
    その分、夜明けも遅い…
 (2012/3/3ブログ 「パリの朝とマルシェ」 参照)

 たまに、夏至というのは、地球と太陽の距離が一番近づく日だと勘違いされやすいのですが、それは違います。
 地球と太陽の距離が一番近づく日は、近日点と言って、だいたい年が明けたすぐの頃にやってきます。
 今年ですと、1月4日…

 ぶっちゃけ、太陽が一番照らすと言っても、これは北半球の話であって、南半球では今日は冬至… 一番の昼の短い日です。
 地球は丸いですから…

 まあ、「四柱推命講座・初級編」 の3日目の講座を受けた人は、いまさら聞きあきた話だと思いますが(笑)

 北半球では、これからだんだん暑くなっていくんですね。

 本当、月日が経つのはあっという間だと思う。
 この先夏至がたかだか100回もやって来ない内に、人生なんて終わってしまう…

 この瞬間は二度とやって来ないし、この瞬間のこのタイミングだからこそできる事があります。

 人生は一度きり。
 スルーしたら、もう次はないと思うから…

 後悔しない為にも、今この瞬間にできる精一杯の事をしてみようと思います。
    さっさと講座の準備しなくっちゃ…

クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事