FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

現実に強くなければ意味がない

 Googleから、誰かが僕のアカウントに入り込もうとしているという、警告メールがきました。

 誰かが僕の個人情報をのぞこうとしたんですね…
 で、そのアクセスされた場所というのが、「中華人民共和国 吉林省 吉林市」 でした(笑)

 すぐにパスワード変えました。
 やっぱり、パスワードというのは、なるべくわかりにくいものにして、できれば個別に別のものにした方がいいです。
 「green」 とか絶対にヤバいです(笑)  すぐ推測される…

 いろいろ、ネットでくぐってみると、ほぼ同じ時間に、この 「122.137.169.59」 というIPアドレスから不正アクセスがあったという事例がいっぱい出てきました。

 このブログを読んでいる人の中にも、googleから警告メールが来た人、いるかも知れませんね。

 それにしても、どうやって僕のパスワードを盗んだんだろうって思うんですよね…
 恐るべき、ワルの頭脳集団です。

 人を不幸に陥れて自分の利益を得るためにインターネットの知識を手にしようと、一生懸命、血のにじむような努力をしているという、どうしょうもないほどに方向性の間違った人間が、この世には厳然と存在していると言いますか…

 僕は、できる事なら人を信用したいと思う…
 でも、そうやって、のほほんとしていると、うっかりこういう人間達の餌食になってしまいます。

 これは、ネット犯罪という狭い枠だけの話ではなく、この世界の現実そのものです。

 まあ、例え何らかの被害にあっても、最悪、自分のメンタルが崩れなければ大丈夫です。

 一番恐れるべきは、こういうどうしようもない人間に何かしてやられる事で、こちらのメンタルも打撃を受けて、同じようなクズになり果ててしまう事だと思う…

 こういう世界の人間と接していると、「どうせこの世は、奪い合いの世の中なんだ」 という間違った価値観をすりこまれます。

 これが一番、ヤバいんですね…

 そうならない為にも負けられません。

 もちろん、してやられて被害に遭ってしまった時でも、自分までクズになり果てるものか… っていう強い意志を持つ事も大事ですが、その前に現実で出し抜かれないのが一番いいです。

 現実に強くなければ意味がない…

 人が良いばかりではなく、しっかりと用心して、現実に強く生き抜いて、大きな善を成し遂げようではありませんか。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事