FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

占いは相互理解の為にある

 今日は、全国266カ所の観測地点で、真夏日の記録を出したそうです。
 確かに少し蒸し暑いです。

 でも僕は、まだ部屋の冷房は入れませんよ。
 何気に、サウナ風呂も好きですから(笑)
        Bon Anniversaire à Liliane!

 占いというのは、いろんな活用法があります。
 その中でも、こと生年月日時の占いは、相互理解の為にあるように思えてなりません。

 人間の考え方というのは、百人十色…
 それぞれに、意見も思考も違います。

 生年月日時の占いというのは、その人その人の性質や考え方というものが、しっかりと出ます。
 そこで、生年月日時の占いを利用して相性判断をするのも悪くないけど、それよりも、そのの生年月日時の持っている特徴や、基本的な考え方の傾向なんかをみて、相手を理解しようと努める事の方がはるかに有意義だったりもします。

 その人がどういった価値観を持っていて、どんな事を優先して考えるかというのがわかると、なぜこの人はこういう行動に出るのか… というのがわかって、今まで腹が立っていた事に、あんまり腹が立たなくなってきたりもします。

 それによって、相互理解というのも深まっていくような気がする…

 まあ、自分と同じような考え方や価値観を持った人というのは、理解しやすいです。
 でもそうじゃなくて、全く別な価値観を持った人の行動というのは、とても理解しがたいし、時には不快感を感じてしまったりします。

 無理もないです。
 それによって疑心暗鬼にさせられる事だって、ありますから…
 でも、相手に対して疑心暗鬼を持ってしまうと、その自分の心が相手にも伝わるから、どんどん悪い方向に行きます。
 そういうのって、その人にも失礼ですし…

 僕が思うに、相手とうまくやっていこうと思ったら、まずは相手を信じる所から始めるしかないと思うんですね。
 とはいえ、いつも相手を信じすぎて、今まで何度もだまされ続けた人は、契約や印鑑の時だけはちゃんと信用できる人に相談した方がいいですけど…

 時に、相手の人の考え方の特徴や何を優先しているかという事がわかると、そういったものから解放される事もあります。

 例えば、すごく頑張り屋さんだけど、人から自分のやっている事をちゃんと評価してもらえないと愛してもらっていないような気持ちになるという人には、常に 「良く頑張ってくれたね」 みたいに言ってあげないと、すごく不機嫌になったりします。
 まあ、だいたい女性に多いですけど…

 でも、その事を知らないと、何だかわからないけど、気分によって急に不機嫌になる嫌な人という風に認識してしまうでしょう。

 ところが本当は、すごく頑張り屋で、ただほめて欲しいだけの人だったりします。

 こういうのは、別に占いというツールを使わなくても、感覚的にわかる事も多いです。
 ただ、自分のキャラとかけ離れていると当然認識できにくいし、先に 「嫌い」 という感情がわいてしまう事もあります。

 僕は、こういう全然違うキャラ同士がお互いを理解して協力しあったら、これほど強い事もないんじゃないかなって思うんです。
 だって、お互いに背中を預けて、弱点を補い合える訳ですから…

 だからもし、占いを自分で活用したり、人から受けたりする場合、相手の事を理解しようという目的で活用するのは、すごく有意義だと思うんです。

 占いは相互理解の為にある…

 自分のパートナーの特徴や強みを知って、さらにお互いを理解する事で、人生の可能性がぐんと広がっていく事になるはずです。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事