FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

本当の自分

 このブログは本当に、毎日僕の気まぐれで書いています。この先、どんな内容を書くのか、自分でもわかりません(笑)
     だんだんパリに関係なくなってるし…

 昨日は、電車の中でエッチなグラビアを意識したら、頭が痛くなったという話を書きましたが、世の中でそういう人は、結構珍しいと思います。    かなり、変わり者です(笑)

 んー、頭が痛くなるという表現よりは、頭にきついはち巻きを巻いたという感覚になる、といった方が正しいです。

 僕、昔から、そんな感覚になる人間ではありませんでした…
 というか、常に頭にはちまきを巻いたような感覚の中にいたので、それが普通だと思っていたんです。

 十代の頃は、いつもこういう感じでした。なにか得体の知れないものが頭にくっついているような…
 それで、頭痛持ちで蓄膿症でした。
 ついでに言うと、自律神経失調症(笑)
 朝礼で、目の前が真っ暗になって、すぐ倒れるヤツでした。
        マラソンではちゃんと完走できるのに…

 十代の頃、本当に僕、自己本位だったんです。自分さえ良ければ、人を出し抜いてもいいやとか思ってた…
 それから性的な妄想に、何かと心が囚われていました。

 いつも、体の調子が悪かったです…
 体の調子が悪いのは、こんな風に、性格から起因している事も多いです。

 今でこそ、病気一つしない健康体になりましたけど…

 いつ頃から変われたか、というと、やっぱり西谷泰人先生と知りあってからですね…

 西谷先生と出会って、
 「もういい加減、こんな自分ではいけない…」
 と、どんどん自分を高めていったんです。

 多分この話は、まだ誰にも話した事がないし、このブログで書くのが初めてなんですけど…

 僕その頃、いつも西谷先生の真似をしていたんですよ。
 動作とか、歩き方とか、しゃべり方とか…
 真似をする事で、尊敬する西谷先生のようになれるんじゃないかと思って…
 あと、水風呂もやってみようと思った…
 西谷先生は、真冬に庭先に出した風呂桶にためた薄氷がはっている水の中に、毎晩頭まで浸かっていたというので、せめて一回ぐらい冬の水風呂を… と思ったのですが、これだけはダメでした(笑)
      0.5秒でリタイアした。 心臓発作で死ぬかと思った…

 たまに、「西谷先生に雰囲気が似てらっしゃいますね」 とか言われる事がありますが、まあ当然なんです。
 意識してまねしていた訳ですから…


 それから、もう一つ、自分を高める為に、やっていた事があります。
 それは、自分の中にある良くない衝動を、否定するという事です。
 良くない衝動… 例えば、怒りとか、嫉妬心とか、計算高い気持ちとか、そういう衝動は本当の自分じゃないんだ… と言いきかせて、否定して相手にしない。
 これを徹底するんです。

 その衝動、ホントに本当の自分じゃないんですから(笑)
 その事に気づけると、まるで取りつきものがおちたみたいに、解放されます。
 そして、本来の自然治癒力も発揮されて、体の調子も良くなるんです。

 とはいえ、その事になかなか気づけない事もあるし、気づけたとしても、深い悲しみや心の傷のせいで、その衝動を手放せない事もあるから、少しずつです。
 時間の掛けてゆっくりと、自分の中の悪いものを削ぎ落としていく…

 僕がやったのは、これくらいの事です。
 それがある程度できてくると、何かちょっと間違った思考に迷い込むと、違和感を感じるのです。
 体が反応するというか… この状態が続くと、絶対に病気になるな… って体が拒否するというか(笑)

 お陰さまで、体はいたって健康、運気も絶好調です。
 でも、少し寂しいのは、もう不純な快楽に溺れるみたいな事が、出来なくなっちゃいました。

 まあ、仕方ないです。その分、純粋な快楽に溺れる事にします(笑)

関連記事