FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

たくさんの色の思いが合わされば光になる

 いよいよ、色のお話も今日のブログで終わりにします。
     3日も同じネタで ねばってしまった…

 色は電磁波の中の可視光線が見せる幻…
 でも、何となく色って、人の心が見せる情景にも似ているように感じます。

 きれいな色から、擦り切れた色まで、この世にはいろんな色が存在しています。

 光の三原色と呼ばれるものがあります。
 それが、赤(R)と緑(G)と青紫(B)です。

 テレビやパソコンの液晶画面なんかは、この3つの細かい粒で構成されています。
 最新の画期的なやつは、これに白(W)を加えた省エネタイプの液晶もありますが…

 光のスペクトルは、全ての色合いが切れ目なく連続しているというのに、何でこの3つの色だけがいつも特別扱いされて取り上げられるかと言ったら、人間の視覚の機能というのは、それぞれある程度の光の元で、長波長の赤、中波長の緑、短波長の青紫に反応する、R錐体(すいたい)、G錐体、B錐体という3種類の細胞で構成されているから… という理由に過ぎません。

 これらの光が網膜上で合わさると、白という色になります。
 ちなみに光がない状態が黒という訳です。

 まあ、こんな感じです。

加法混色

 これを加法混色と言います。

 ちなみに顔料とかプリンターのカードリッジとかの三原色は、シアン(C)と赤紫(M)と黄(Y)です。

 なんで、光の三原色とまるで違うかというと、顔料の色は光を発するわけではなく、逆に光を吸い込む事によって色を作り出しているからです。

 つまり、シアンは赤の光を吸い込む顔料、赤紫(マゼンタ)は、緑の光を吸い込む顔料、黄は青紫の光を吸い込む顔料という訳です。

 これを白い紙の上で混ぜ合わせると、全ての色が構成できます。
 まあ、こんな感じです。

減法混色

 これを減法混色と言います。

 さっき、心の情景と色というものは似ているって言ったんですけど、僕は心の情景は加法混色であるべきだと思うんですね。

 どういう意味かというと、いろんな思惑や思想が頭をよぎったとしても、全部受け入れてさらっと受け流せば、それは全部合わさって、やがてきれいな光になると思うんです。

 だから、「こんな事 考えちゃいけない」 というものは存在しないと思う…

 「こんな事 思っちゃいけない」 とか 「あんな事 考えちゃいけない」 ってやると、本当に窮屈だし、人の心というものも受け入れられなくなる…

 世の中にいろんな色がある様に、いろんな考え方があるし、何を思ってもいいんですよ。
 それに囚われないで、それを良い方向へ発展させていく事ができればいい…

 一つの思いに囚われてしまうような生き方をすると、「減法混色」 になります(笑)
 その思いがどんなにきれいな色であったとしても、いろんな色が重なっていく内に、光をさえぎられて、うす汚れていくんですね。

 たくさんの色の思いが合わされば光になる…

 やがてその光は、全ての人々を包み込んで幸せにしてくれるはずです。

 P.S.
 四柱推命講座の初級編と中級編に参加してくださった風水の先生でもあるA先生から、東京オフィスに素敵な贈り物が届きました。
 出雲大社のきれいな音のなる鈴ともう一つ…

赤いパンツ これ、赤のパンツなんです。

 「赤いパンツをはくとパワーがわいてくるんですよ」 って、A先生から聞いて、「買いに行くのが恥ずかしいのでプレゼントしてください…」 って、冗談でねだったら、本当に頂いてしまいました。

 本当にありがとうございます(^^)

 赤という色は、人体を発奮させて運動能力を高める働きがあります。昨日のブログ参照)

 これをはいて、去年からの持ち越しの原稿を頑張ります!


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事