FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

一年の計を誓いにかえて

 お正月3日目…
 昨日Rさんとかなりの深酒をしてしまい、家に帰ってお昼ぐらいまで、気を失ったように寝てしまいました。

 こんなに長い時間眠ったのは、多分半年ぶりぐらいです。
 ここ半年位の間、ずっと時間に追われていて、睡眠時間は極端に少なかったですから…

 昨日のブログ読み直したら、後半の文章がまるで幼稚園児並みだったので、ちゃんと書き直しておきました。
 お酒が入ると、やっぱり思考力落ちます。本当にごめんなさい。

 今、改めて自分の状況を見わたせば、去年からの持ち越しで、やらなければならない仕事がたまっています。

 戸隠神社と浅草寺に初詣に行って、神様からパワーはもらいましたが、目の前の現実に関して言えば、やっぱり自分で切り開いて行くしかありません。

 「苦しい時の神頼み」 と言って、人は神社でいろんなお願い事をしたりします。
 僕はそれは悪い事じゃないと思うし、人間らしくていいと思う…

 僕も昔はいつも、「ミュージシャンになれますように…」 って、よく神社でお願いしていました。
 結局は叶いませんでしたけど(笑)

 でも今はもう、神社やお寺で自分の荒唐無稽なお願い事をお祈りしたりはしないです。
 なんでかっていうと、やっぱり自分の目の前の現実は、自分で切り開くしかないような気がするから…

 もしも自分の事をお願いするとしたら、その際に僕は、「それを叶える為に、自分はこうやって頑張る…」 というような誓いを入れます。

 「神様、僕の願いを叶えてください」 じゃなくて、「神様、こういう風に頑張るから、応援しててください」 という感じです。

 例えば、「原稿の仕事を1月末に終わらせられるように、今度こそ計画的に書き進めるから応援しててください」 というような…

 やっぱり、まずは自分が動かなければ未来は変わらないし、お祈りしたら、摩訶不思議な力が働いて 「棚からボタ餅」 なんて、あり得ないと思うんです。

 まあ、人生には たまにそういう事もあるかも知れませんが、少なくとも自分が努力もしないのに、そんな事を神様にお願いするものじゃない気がする…

 三が日も、いよいよ今日で終わりです。

 新たな気持ちで一年の計を立てたら、それを誓いに変えて、神様に投げかけておく…
 そして行動は怠らない。

 やがてその誓いは、必ずや形になっていくはずです。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事