FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

クリスマスの夜に

 ここの所、もう原稿の事で頭がいっぱいになっていて、ちょっと自分を見失っていたな… って感じます。
 昨日からずっと、とにかく期限は守らないといけないと思って、もう必死に文章を作っていました。

 でも、ふと気づきました。
 時間に迫られて、こんなできそこないの文章を作って提出しても、何の意味も持たないのではないかと…

 そこで、ちょっと先方に電話をして、相談をする事にしました。
 そしてありがたくも、提出期限を1ヵ月遅らせてもらえる事になりました!
 本当に感謝です。

 体の全身から、力が抜けていきました。

 もちろん期限が1ヵ月延長になっただけですから、気は抜けません。
 今度こそ計画的にしっかりとやり遂げます!

 今日はある会社の会長から御招待いただいて、赤坂のレストラン 「カナユニ」 へ行きました。
 最高級の料理とシャンパンで祝うクリスマス…

    クリスマスとビール
     睡眠不足だと、ビール一杯でも気を失いますね…

 会長から、会社の社長様をご紹介いただいて、観念が破れるような素敵なお話をいっぱいお聞きしました。

料理 それにしても、本当にありがたい事です。
 こうやってこの世に生れて、素敵な人との出会いがあって、たくさんの事が勉強できる…

 目先の事に心が囚われて、身動きができなかった自分を恥ずかしく思いました。

 こんなに世界は広いのに、やっぱり人というのは弱いから、自分の価値観や、自分が今 置かれている状況というフィルターで、その向こう側が見えなくなってしまうんですね。

 自分では一生懸命頑張っているつもりでも、それってただの独りよがりだったりします。

 その囚われを手放して自由になった時、新たに見えるものも出てきたりします。
 心の囚われというものは、理性的に考えたなら大した事がないものが多いんですけど、人間は感情の生き物だから、なかなかその囚われを手放せません。
 でも勇気を出してそれを手離した時、天からその分のプレゼントがもらえます。

 ふ~っと自分が上空に浮かんで、下を見下ろすとゴマ粒みたいなちっぽけな自分がいた… という感じでしょうか。

 クリスマスの夜に…
 今、全ての人の出会いに感謝して、また明日から謙虚に生きていきたいと思います。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事