FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

思いっきりやったら後は天に任せる

 さっきいきなり雨音が聞こえてきて、ふと電車の車窓から外を見たら、雨が降っていました。
 折りたたみ傘、持っていて良かったです。
     今、電車の中でブログを書いている…

 天気ばっかりは、人の都合に合わせてくれないから、こっちがそれに合わせるしかないです。

 もう、毎日しっかりと時間に追い立てまくられています。
 この後、国会図書館に向かって調べ物を1時間で済ませて、その足で横浜の悠庵へ…
 電車の中の時間だって、絶対に無駄にできません。
 このあわただしい生活は、いつまで続くのやら…
    皆さま、メールの返信もう少しだけ待ってください(汗)

 それでも毎日、本当に充実した人生を送らせて頂いています。
 もう、いつ死んでもいいかな… なんて(笑)

 いや別に死にたい訳じゃないですよ。今、やりたい事が山ほどありますから、できれば生きていたいです。
 でも、かといって、生にしがみついている訳でもありません。

 仮に今、息を引き取る瞬間が来たのなら、「それもいいか…」 って、きっと受け入れられると思う…

 運命って、ある程度は人の努力で変えていけるものだと思うけど、天気と同じで、こっちの都合に合わせてくれる訳でもありません。

 だから、どんな時でも精一杯の事をやって、その運命を楽しむのがいいです。

 太陽が輝いている気持ち良い日もあれば、雷に打たれる日もあるし、地震が起こる事だってあると思うけど、それは全て、学びだと思えるから…

 どんな運命であっても、それを受け入れて感謝して、あんまり欲張らずに今の自分ができる正しい事をやったなら、後は天に任せたらいいと思うんです。

 ノストラダムスの大予言とか、宗教とかのお告げみたいなので、
 「このままだと天変地異が起こるから、心を悔い改めなさい」
 とか言うセリフをよく聞いたりします。

 クリスマスの日に渋谷とか行くと、いつもスピーカーでそんな事を叫んでいる人がいるし、そういう考え方の本を読むと、何だか暗くて恐ろしい事ばっかりいっぱい書いてあります。

 あれって、僕 思うんですけど、「天変地異が起こるから、心を改めよう」 っていう動機がすでに不純だと思うんですね(笑)
 そんな動機を持っている限り、悔い改めた事にもならないし…

 結局やっている事は、人に不安をあおっているだけとしか思えないです。

 そうじゃなくて、天変地異が来たなら、それを受け入れたらいいんですよ。
 死がやって来たのなら、それも受け入れたらいい…

 ただ、それまでは一生懸命生きれば良いと思うんです。
 できれば自分の為だけじゃなく、自分も含めて、みんなが幸せになるような生き方が出来たらいい…

 どんな運命が来ようが、精一杯生きて、やるべき事を思い切りやったら、後は天に任せる…
 僕は今、そんな人生を全うしたいって、心から思います。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
 
関連記事