FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

なせば成る

 なんか、すっかり寒くなりました…
 つい最近まで暑い暑いと言っていたのに、気がつけばもう冬がそこにやってきているんですね。

 さあいよいよ僕は今日から、本格的に原稿のお仕事に入ります。

 お世話になっている社長からは、もう2ヵ月以上も前から、早く原稿に取り掛かるように催促されていたのですが、講座のテキスト作りや諸々の仕事があったりして、結局今日まで取り掛かれずにいたのです。

 そして、この原稿の締め切りは今月の末…

 本当なら3ヵ月ぐらいは掛けたいようなお仕事なのに、いきなりスタートが遅れて残り時間は、あと3週間弱…
     ヤバいでしょう、この状況(笑)

 いや、「なせばなる」 です(笑)
       3週間後にそれを証明してやるぜ~

 なせば成る なさねば成らぬ何事も
 成らぬは人のなさぬなりけり

 良く聞く句ですが、これは米沢藩の藩主である上杉鷹山が詠んだ歌です。
  実はすでにその前の時代、同じような句を武田信玄も詠んでいます…

 何事もなそうとすれば成るし、なそうとしなければ成らない。
 成らないというのは、人がなそうとしてなかったという事だ…

 本当、僕 これが全ての物事の結果の真理だと思うんです。

 結局、物事が成就するかどうかなんて、スタート時点ですでに決まっているんですよ…

 ここで、「できない」 という言い訳をするか、それともただ 「なせば成る」 で始めるかの違いだと思うんですね。

 例えば、僕のこの状況の場合なら、「いや、ブログを毎日更新しているから、たった三週間で原稿をやるなんて無理だ」 とか、「メールの返信があるから、やっぱり無理だ」 とか、物事が成就しない人って、とにかくそれが出来ないという言い訳を探そうとするんです。

 なぜそんな事になるかというと、それを始めるのが面倒だからやりたくないって、心の底で思っているから(笑)

 でも仮に、ブログを一時中断した所で、メールの返信をずっと滞らせた所で、結果なんて大して変わらないんですね。

 ブログを休んで、原稿に取り掛かろうとパソコンの前に座るまでは良かったとしても、結局そのまま頭が空回りしているだけです。
 それで、また自分に新たな言い訳を考え出すようになります。

 言い訳をし出したら、その時点で負けです。
 むしろ、頭が空回りしている間にブログを書いたり、1通でもメールの返信をした方がよっぽどいい…

 やれる仕事からどんどん始めて、その勢いに乗じて、原稿の仕事に取り掛かれば、作業だってはかどります。
     だから今日は、少しブログが早目なのだ(笑)

 なせば成る… だからこそ、言い訳しない。

 その気持ちで物事を始めた時、貴方は必ずや結果を手に入れる事ができるでしょう!    さあ、原稿始めよっと…


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

関連記事