FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

絶対なんて何一つない

 気がついてみれば お盆…
 外では蝉の鳴き声
 いいですねえ。一句詠みたくなりました。

 うたかたの 世を儚(はかな)んで 蝉しぐれ

 駄作ですね…(笑)
 セミって、10年ぐらい土の中で、幼虫として生きながらえているんですけど、成虫になってミンミン鳴きはじめてからは、わずか1ヵ月足らずでこの世を去ってしまう…

 今、鳴いているセミ達って、10年前くらいからこの世に生を受けていたんですね。
 地球の営みってすごいな… とかしみじみ感じたりして…

 それにしても最近感じるのは、この世の中で、人が残した言葉というのは絶対に正しいとは限らないという事…
 そういう言葉に すがりつこうとすれば、だまされます。

 だから、もし信じられるとしたら、唯一、自分の心の奥深い部分にある感覚から来る言葉ぐらいなものです。

 誰かの言った言葉もそうですし、本の中の活字でも、ずい分 間違ったものもあります。

 小学生の時に呼んだ、豊臣秀吉の伝記に、
 「秀吉は将軍になりたくて、室町幕府の将軍だった足利義昭の養子になろうとしたが、断られました」
って書いてあったんです。

 それが僕の記憶にあって、つい昨日まで、すっかりそれが史実だと信じていたのですが、どうやら実際にはそうでないらしい…

 「タロットカードは、古代エジプトのマギによって作られ、やがて大アルカナが欠落してできた物がトランプ(プレーイング・カード)です」
という根も葉もない事が、まことしやかに長い間信じられてきたのと、まさに同じパターンですね。
(2012/3/10ブログ 「子供の頃の思い出」 参照)
     嘘つき、エテイヤ…

 やっぱり、ある一つの世界観や歴史認識だけで、何かを決めつけようとするのは、すごく危険だと思いました。

 例えば、自分が信じていた人が言った事は、常に正しいって思いたいし、「間違っているかも…」 なんて思うと、心が引き裂かれそうになるから、僕は考えないようにしていたんですけど…

 最近になって、それって依存の一種だな… と思うようになりました。

 よく、なにかの宗教の教えにハマってしまって、そこから抜け出せなくなってしまう人がいるけど、結局それと同じなんですね。

 もちろん、宗教というもの自体が悪い訳じゃなくて、こと信仰という意味で言えば、僕は宗教っていいものだと思うんです。

 ただし、「これはこういうものだ…」 って決めつけられた教義に、それを入信している人が何の疑いを持たなくなって、自分で考えるのをやめちゃう事が問題だと思う…

 お盆でお墓参りに行くとか、神社に行って参拝するとか、日曜の朝に教会のミサに行くって、それぞれに僕はいい事だと思います。

 でも、それはそこの教祖様がいい事だって言っていたからとか、聖書にそう書いてあるから… っていう理由ではあって欲しくないんですね。

 僕がそれをいいことなんじゃないか… って思うのは、何となくですが、心が洗い清められるような感覚になるからなんです。
 結果的に運気もアップしているし…

 自分のその感覚を信じてみる…

 絶対なんて何一つなから、誰かの言葉は参考にしても、盲信も依存もしない。

 その上で自分で考えて行動した時、いつでも背筋をピンと伸ばしたまま、生きていけるような気がするんです。


どちらもクリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事