FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

開運期と逆境は裏表

 ふと気づけば、もうすぐお盆…
 信じられないくらい、時間が経つのが早いです。

 でも今、「生きてる」 って実感しています。去年の初めから、本当に 「自分らしさ」 を取り戻した気がする…

 ただ、不安はあります。

 いや、経済的不安とか、このまま一生独身のまま終わっちゃうんじゃないか(笑)…とか、そういうのはないです。

 それに関しては、絶対的に自分の運命を信じてるから…

 目の前の事に一生懸命 最善を尽くした上で、経済的に困窮したのであれば、何かそこに僕の問題点があるのだから、貧乏をしながら、それを学ばして頂くだけですし…
 別に一生独身であったとしても、それが人生の流れであれば 受け入れようと思うし、また 「それもいいかな」 って思うんです。

 逆にそんなちっぽけな事に、人生囚われたくない…

 むしろ僕が不安なのは、自分がどこに流れていってしまうのかな… という事です。

 今 何だか幸せすぎて、どれだけネジを締めなおしても、すぐにゆるくなっちゃう気がするのです。

 「そんなの気合いが入ってないからだ」 って、以前の僕なら言っているんですけど、この環境に置かれると、確かに… 気はゆるんできます…
 いや、仕事はちゃんとやっていますけど、自分の精神状態の方のゆるみです。

 やっぱり、自分の思うように行かなくて、いつも誰かの顔色をうかがいながらしか生きられなかった時というのは、窮屈だけど、気合いは入りやすかったです。
 気がゆるんだら、おっかない人から叱られますから(笑)

 今はそれがない…

 というか以前だったら素直に受け止められた言葉が、今はそれもできなくなっているかも知れない…
 そしてこの先、これがもっとエスカレートしていく気もする…

 そうしたらもう、元の場所に戻って来れなくなっちゃうんじゃないかなって、正直これが不安なんです。

 今はもう何をしても、誰にも何か言われるような事はないから…

 それなら、どこか鬼のような社員がいるような所で、アルバイトでもやればいいのかも知れないけど、時間的にそれもちょっと難しいですし…

 僕の好きな書である 「菜根譚」 (2012/7/16ブログ 「菜根を噛みしめて」参照)の中に、こういう言葉があります。

 居逆境中 周身皆鍼薬石 処順境内 満前盡兵刃戈矛

 逆境であれば、全ての起こる事が薬となる。何故なら、心や行いが知らず知らず磨かれていくから…
 順境な時は、矛や刃を持った兵に囲まれているようなものだ。知らず知らずに身は骨から蝕まれて行く…

 だから、順境な開運期は、余程自分に注意深くしていないといけない…

 この前、国民栄誉賞を取った松井秀喜選手は、野球界のスーパースターというだけではなく、優れた人格者でもありました。

 この人にはたくさんの恩師となった人がいるのですが、厳しい恩師が本当に多いんです。
 特に父親の昌雄さんは、聖職者をやっている人なんですが、心の持ち方という事に関しては、とても厳しい人でした。

 松井選手は、父との約束で 「人前で他人の悪口を言わない」 という事を、ずっと守り続けているような人です。

 日本一になった巨人軍の4番バッターの主砲として、MVPも取ってホームランも打ちまくっていたある時、久しぶりに実家に帰ると、父からこう諭されたんですね。

 「自分を主観的に評価してはいけない。
 世間の人は野球という君のごく一部の面を評価しているだけで、君の人間の全てを評価している訳ではない。
 今日の君のマスコミの対応には、明らかに傲慢さを感じました。お父さんにはわかります。謙虚さを失った君の姿は、周囲から見て、みにくく映るだけではないか」

 別にマスコミとの対応といっても、松井選手はマスコミに一べつする為に、テレビカメラの前で片手を上げただけなんですけどね…

 松井選手はその時の事をこう語っています。

 「確かに僕は、チームの日本一に貢献できた事で得意満面だったから、父の言った通りだったと思います。
 あのような言いづらい事を、父に言わせてしまった事を申し訳なく思うし、また感謝もしています」

 まさに、「この親にしてこの子あり」 というか、本当に謙虚な人です。

 松井選手がコンディションの浮き沈みはあっても、栄光に満ちた開運期をずっと歩み続けていられるのは、こういう指導者の厳しい諫言を受けながら、それを素直に受け止めて、その教えが体に染みついているからかも知れません。

 考えてみれば、窮屈な逆境の時というのは、たくさんの教えを請うには最高のチャンスです。

 一旦開運期に入ってしまうと、松井選手のように、中々こんな風に誰かから厳しく教えを請う事はできませんから…

 開運期と逆境は裏表…

 例え今が逆境の中でも、その事に気づいて感謝ができた時、貴方の開運期はもうすぐそこに来ています。


どちらもクリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

関連記事