FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

深い縁で結ばれた人達と共に

 今日の千葉は雨もようでした。
 そう言えば、昨年の8月6日も雨だったなって、ふと記憶がよみがえります。
 (2012/8/6ブログ 「雨の日と月曜日は」 参照)

 あのパリ取材から帰ってきて、僕の周りの何もかもが変わってしまった気がします。
 特にパリに行く前の人間関係と、戻ってきてからの人間関係は、全く別なものになっていました。

 確かに、出発前は横浜に住んでいたけど、戻ってからは千葉に住んだというのも大きく影響しているんでしょうけど…

 ある出版社からのタロット本の出版の打診を頂いて(2012/3/14ブログ 「急展開の未来」参照)たった3週間のパリ滞在で日本へ戻ってきた僕の目の前には、たくさんの味方になってくれる人達がいました。

 あれから、鑑定のお客様も途切れず、毎回の講座にもたくさんの人が集ってくれました。

 これは狙ってできる事ではないです。
 僕は、親しい身内以外は、自分からは誰にもパリに出発する事を口にしなかったし、ましてや3週間で帰国なんていう筋書きも考えていなかった…

 それにしても、あれから縁ができた人って、みんな運気がこれから上がっていくって感じの人ばっかりです。
 そしてもう一つ、無償で人に良くしたいって思うような気持ちの優しい人が本当に多い…

 これは、僕の人生上、今まで初めての事でした。

 人間というのは、ありもしないような自分の権利を主張してわめきたてるのが性(さが)だって、今までの僕は思いこんでいたから…

 パリから帰ってきた僕は、優しくて素敵な人ばっかりに囲まれている…
 その時、「これが開運期だ」 っていう言葉がよぎりました。

 今までの僕は、ガムシャラに自己実現だ… とか、成功をつかむんだ… とか わめいていたけど、なんかすっかりそういう衝動も落ち着いちゃって、それよりもまず今周りにいる優しい人達に恩返しをしたいって思うようになりました。

 この人達こそ、人生でやっと巡り合う事ができた深い縁で結ばれた人達だと思った…

 そして気がついてみれば、不思議と自分の望みも、いつしか叶っていました。

 念願の出版もできたし、占い師として取りあえず金銭的にも困らず暮らしが成り立っている…

 別にこれ以上望むものもありません。
 まあ、結婚とかも多分、自然な形でできるだろうと思うし(笑)

 本当に縁のある人達の顔を思い浮かべながら、優しくておだやかな時間が過ぎていく…

 みんな、自分の事よりも誰かが幸せになるのを見て嬉しいと感じるような、素敵な人達ばかりです。

 この人達と一緒なら、お互いが高め合ってみんなで幸せになれそうです。

 僕も、もっとみんなの為に頑張らなくっちゃですね。


両方ともクリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)   … 欲張り(笑)
関連記事