浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

運命の予感

 長い人生の中で、自分の運命を大きく変えてくれる人が、誰にでもいるものです。

 僕の場合には、やはり一番大きな影響を与えてくれたのは、西谷泰人先生でした。
 西谷先生との出会いは、僕が24才の時。当時僕はシンガー・ソング・ライターを目指していました。歌に関しては超音痴だったのですが(笑)

 きっかけは、西谷先生が出された一冊の手相の本。本の裏表紙に書いてあった「手相家でもあり作曲家。21歳の時に作曲した『あの頃に帰りたい』は新宿音楽祭で新人賞を受賞…」という著者紹介の欄を見て、とにかく、この先生に直接会ってみたい、という思いをつのらせました。
 「運命の予感」を感じた、と言っていいでしょう。

 その思いは、意外と早く実現させる事が出来ました。
 その頃から、僕の最も尊敬する人は常に西谷先生でした。
 とはいえ、西谷先生は超スペシャリストの手相家ですから、講演会に通って遠目にお話を聞くぐらいしか出来ませんでした。

 ところが、その2年後ぐらいには、うまくきっかけをつかんで、何とか顔を覚えてもらうまでになったのです。
 きっかけとなった要因の一つは、僕が占いにすごく興味を持っていて、その世界に首を突っ込んでいた、という事もあるかもしれません。

 当時シンガー・ソング・ライターを目指して上京していた僕は、とにかく若いうちに成功したい、と常に思っていました。
 少なくとも20代のうちには夢を実現するんだ、と心に固く誓っていたのです。
 焦りようは半端ではなく、それが悪循環となって、いつも空回りしていました。

 結局、何も成し遂げられないまま30才になった時、絶望的な挫折感と、何とも言えない空虚な気持ちにさいなまれました。
 14才から趣味だった四柱推命で占うと、34才が才能が開花する時…。
 とはいえ、当時すべての生きる目標と気力を失った僕には、それはとてもありえない話でした。

 なすすべもなく自堕落な4年間が過ぎ、34才の誕生日を迎えたちょうど8日後の昼下がり、僕の携帯電話に、見た事のない着信が入りました。
 それはまぎれもなく、西谷先生からでした。

 「浅野君の携帯ですか。どうも西谷です」

 西谷先生の声は、僕のどんよりとした、もやのような暗闇を一気に晴らしてくれました。

 「聞いたけど、君、四柱推命出来るんだってね。それは絶対に活かすべきだよ」

 僕はもう、自分の思考で、ものを考える事が出来なくなっていました。
 尊敬する西谷先生がそういうのなら、何も考えずにその通りにしよう、そう心に思いました。


 あれからさらに7年…、今こうしてパリにいる自分がいます。

 実は、パリに行きたいという気持ちは前々からどんどん募っているにもかかわらず、僕はそれを曖昧にしか切り出せなかったのです。
 そんな僕の様子を見た西谷先生が、こう言ってくださいました。

 「パリに行きたいんだってね。今人生のチャンスだから、パリに行って勝負してみたらいいよ。こっちは何とかするから」

 西谷先生は、自分の都合よりも周りの人を気遣って察してくれる、そんな優しい先生です。

 西谷先生はある時、僕と一緒にお風呂に入っている夢を見たそうです。

 「夢の中の浅野君の体つきを見ると、筋肉モリモリのマッチョになっていて、いつの間にか、たくましくなってたんだなって、思ったよ」

 その後、先生はアメリカに滞在していた時の経験談をたくさん聞かせてくださり、渡仏に向けていろいろなアドバイスをして下さいました。


 西谷先生と別れるのは、正直辛かったのですが、今のフリーの立ち位置のほうが自分の良さを生かせるし、もっともっと西谷先生をバックアップできる、と思ったのです。

 20代の時に感じた「運命の予感」は、的中。

 さて、この先どんな運命に導かれていくのか…、今は不安よりも、期待で胸が高鳴っています。

 
関連記事