FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

自分の行動は自分の意思で決める

 今日は暖かくて、外は本当に気持ちがいいです。

 さっき外を歩いていたら、通りがかりの親子が、
 「今日は気持ちいいね」
って、何度も言っているものだから、つい 「気持ちいいね」 って、ボソリと独り言をつぶやいてしまいました。
  まるでお年寄りみたい…  年取ったのかな(笑)

 今までの人生、振り返って見るといろいろありました。

 特に若い時というのは、何かと誰かの指示に従いながら、仕事をしたり行動をしたりしなければいけない事が多いものです。
 職場の先輩とか、上司とか、オーナーとか…

 時には横柄な言い方で命令される事もあります。
 時々、それに従わなければいけない自分が、この上なく惨めに思えたりした経験って、多くの人があると思います。

 僕は見た目と違って、人から頭を押さえつけられるのが我慢できない傲慢な人間なので、若い頃には、その度に葛藤していました。

 とは言っても、上から何か言われて、その場でキレて仕事を辞めちゃった… という経験は一度もありません。
 だって、それってあんまり頭良くないと思うし(笑)

 もっとも言われた事があまりにもひどくて、理不尽極まるようなら、場合によってはそういう辞め方もありかも知れませんけど…

 おそらく僕は、そういう意味ではかなり我慢強い人間の部類に入るんじゃないかって気がします。

 僕は今まで、いろんなアルバイトをやってきたんですけど、どんなバイト先にも、時々変な上司っています。
 大方は、何かしらの劣等感を持っていて、それを後輩とか弱い立場の人にぶつけているような人…
 「オレはお前より偉いんだ。オレを尊敬しろ」 みたいな雰囲気が、全身に醸し出されているというか(笑)

 だいたい、こういう上司が職場に一人いると、本当その職場は、人の移り変わりが激しいです。
 みんなそんな人と一緒に仕事したくないから(笑)

 でも僕は、そういうタイプの上司とも、案外うまくやっていけた方だと思います。
 だから、どのバイトも長く続いたし、必ずと言っていいほど、オーナーとかから社員のお誘いを受けました。
 まあ、全てお断りしましたけど…   社員なんてなりたくない(笑)

 多分僕は、どんな上司も きちんうやまって真面目に仕えている忠実な部下… というイメージに映っていたんじゃないかと思います。
 結構 「ハイ」 とか、元気良く返事をしてましたし…

 でも、「自分は目下だから、上司の命令には従うしかない」 という思考回路になった事は、今までの人生たった一度もないんですよ。

 例えば、何かのバイト先輩から、横柄な口調で 「オイ、ここモップ掛けしとけよ、コラ」 とか、言われたとします(笑)
 僕はそんな時には、「はい、わかりました」 って、元気良くモップ掛けをします。

 きっと中には、こういう時にたまらなく屈辱感を感じる人もいると思います。
 「なんで、こんな奴に命令されなきゃいけないんだ」 って、悔しい思いをしてモップを掛けていたりして(笑)

 でも、僕はそんな風には考えません。
 アルバイトをしている訳だから、当然お給料が出る訳だし…
 お給料が出るのだから、そこにいる人間の指示に従うのは、ギブ アンド テイクの言ってみれば交換条件です。

 つまり、モップ掛けをするのは、横柄な人間の命令でモップ掛けをするんじゃなくて、自分の意志で、やるべき事を果たす為にモップ掛けをするのです。
 だってそうしないと、ただでお給料もらうのが申し訳ないから…

 僕が思うに、そんな相手の物言い一つに、自分の気持ちが支配されているという事は、すでにその相手に自分の人生が支配されているのと同じです。
 僕は、そんなどうでもいい相手に、自分の人生を支配されたくはありません(笑)

 端から見たら同じように、誰かの言いなりになって奴隷のように使われているように見えても、実際に奴隷になっているかそうでないかは、結局、本人の気持ち次第だと思うんです。

 例えば、口の悪い職場の上司から 「てめぇ、ちゃんとまともに仕事しやがれ、コノヤロウ」 って注意を受けたとします(笑)

 その時に、本当に自分がちゃんとした仕事をしていなくて、損害を出してしまったのなら、「申し訳ありません」 って謝ります。
 でもこれは、口の悪い上司が怖いから、ひれ伏して頭を下げるのではなくて、損害を出してしまった事に、本当に申し訳がないから、「申し訳ありません」 って謝るんです(笑)
 
 そして、事後処理で、極力その損害が最小限になるようにします。

 よく、「組織に属している限り、そこの上司の命令を聞くは絶対だ」 という風に考える人がいますが、僕はそんなものは 「絶対だ」 なんて思いませんね(笑)

 例えば、「君、この仕事 明日までにやっておいてね」 って上司から言われた時に、「はい、わかりました」 と答えるのも、「それは嫌です」 って答えるのも、本人の自由だと思うんです。

 まあ、「それは嫌です」 って答えると、そのまま職場を解雇されるという事もあるかも知れませんが…

 ただ、どちらかと言ったら 「はい、わかりました」 と答えた方が、相手も喜んでくれるし、おそらく仕事もスムーズに行くし、周囲も自分も幸せになると思うから、そっちを選ぶだけの話です。

 僕は多分、組織に属するのがあんまり向かないタイプなのかも知れません(笑)

 でも、人生を自分の意思で生きている… っていう実感は常にあります。

 自分の行動は自分の意思で決める…

 その代わり、ちゃんと自分で自分の人生の責任を持つし、なるべく人に迷惑をかけないようにする…

 できる事なら、周りの人が少しでも幸せにするのに役に立てたらいいと思う。

 今までの人生振り返ってみて、ずい分回り道をしてきたな… って思います。
 それでも案外、自分らしい生き方をしてこれたかな… という気がします。

 そして、これから先も…
 頑張ります!


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事