FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

素敵な出会いをつかむ為に

 だんだん気候も暖かくなってきました。
 すっかりと、冬の寒さから解放されたようです。

 案外この時期って、体調を崩す人が多いです。
 何か頭もボーっとしやすいですし(笑)
    ボーっとする暇がないくらい忙しくするのが一番…

 人生の中には、さまざまな出会いがあります。
 その中でも、運命を変えてくれる異性との出会いの影響は大きいです。
 それによって、人生そのものが今までとは全く違う流れになっていきますから…

 僕の今までの人生の経験で言うと、運が乗っていて自分の調子が良い時には、やっぱり良い縁に巡り合いやすいですし、自分の調子が今一つの時は、やっぱり縁も今一つだったりします。

 もちろん全部がそうだという訳ではなく、中には例外もあります。
  不幸のまっ最中、一人の異性と出会って急に運が開けたという人もいます

 では、なぜ調子がイマイチの時は、出会いもイマイチになりやすいかと言えば、大体そういう時は自分の内面性の良さが発揮されていませんから、近づいてくる異性は自分の内面性以外のものにひかれている可能性が高いのです。

 それは外見やルックスだったり、社会的ステータスだったり、もしくは相手の人も調子がイマイチで、一緒にいると悪い意味で傷をなめ合えられそうだとかいう理由だったり…

 結局、本当の意味で自分の内面を好きになってくれた訳じゃないから、つき合ってもうまく行きにくいんですね。

 これが運気が乗ってくると、全然状況が違ってきます。
 まず、出会いそのものの数がぐんと多くなります。
 それに、自分の内面性の魅力がほとばしってくるから、本当に自分を好きになってくれた異性が近づいてきやすいんです。

 素敵な異性と素敵な縁を結ぶ方法は、実は案外簡単です。

 一つは自分の運気を上げて、魅力が外に発揮されるようにする事…
 出会いそのものの数を求めるより、こっちの方が手っ取り早いです。だって、運気が上がれば、何もせずして本物の出会いが増えますから。

 二つ目は、自分自身も相手の内面性に目を向ける事…
 これが意外と忘れがちなんですね(笑)
 自分の内面を本当に好きになってくれる人を求めるなら、こちらも外見やステータスではなく、相手の内面に目を向ける事が大切です。

 もしも、今運気はいいのに出会いはイマイチなんだよな… という人がいたら、これができていない可能性があります。

 自分も相手の内面性に目を向けようとする事で、相手も自分の内面性に目を向けてくれるんですね。

 これは、恋愛対象の異性というような狭い範囲の話ではなく、人間関係の全てにおいて言える事のような気がします。
 ステータスや損得勘定で相手の事を見るか、それとも内面に触れようとするか…

 人生は一度きり…
 素敵な出会いをつかむ為に、もっと相手の心に触れてみる…

 なんて偉そうに言ったりして…
 僕もあんまり得意ではないんですけどね(笑)

 でも、せっかくだから少し頑張ってみる事にします。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事