FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

「ありがとう」としか言いようがない…

 今日はポカポカ暖かくて、本当に気持ちの良い一日でした。
 「タロット講座~大アルカナ編~」 は、本日が最終講座…

 今まで、独立してから3回の講座をやりましたけど、毎回講座の最後の日って、いろんな思いがあふれます。
 こうして今、たくさんの方とのつながりができて、まるでそれが家族のつながりみたいに感じられます。

 だから、「ありがとう」 としか言いようがなくて…

 暖かくてやわらかい優しさに包まれて、こんなにも幸せというものを感じられる…

 僕は今までの人生、なんでこんな大切な事を気づかなかったんだろうって思います。
 今でこそ、やっと感じられるようになったけど…

 この世に生を受けてから、いつだって僕の味方になってくれた人はいたと思う…
 ところが、よく思い出せないんです。というか、その事にさえ気づけなかったというのが正しいです。
 心がいつも、つまらないものに囚われていたから…

 目先の損得や、過去の後悔、将来の不安、振り向いてくれない人や離れていく人達の事…
 あの頃は、自分で悩みを作り出して、知らず知らず人を寄せ付けない雰囲気を出していたと思います。

 それでも、僕の事を遠くから見守ってくれた人はいたはずなのに、それに気づかないままでした。
 本来なら、「ありがとう」 ってお礼を言わなきゃいけないのに…

 遠くからそっと見守ってくれた人もいたし、厳しく諭してくれた人もいたけど、ちっぽけな怒りや目の前の不安に囚われて、何も見えなくなっていました。

 やっとこの年になって、素直に 「ありがとう」 って言葉が出てきますね。
 やっと今になって、愛されているんだな… って実感できるようになりました。

 まったく、「ありがとう」 としか言いようがないです。

 今でも僕は、つまらない事に囚われて、それを時々忘れてしまうけど、何度でも思い出すようにします。

 だから、これからもどうぞよろしくお願いします。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事