FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

春よ来い

 いよいよ2月も終わりですね。

 気がつけば、日もずい分長くなっていて、春はもうそこまでやって来ているようです。
 冬の寒さとも、もうちょっとでお別れです。

 ちなみに僕は、寒いのがすごく苦手です。
 だから、秋が深まってくる頃には、もうすぐ寒い冬がやってくるんだという思いで、だんだんと憂鬱になります(笑)

 逆にこのくらいの時期は、まだまだ外は寒いですけど気持ちがウキウキします。
 これから暖かい春がやってくるから…
   春よ来い、早く来い♪

 去年の今頃はパリにいましたが、パリは暖かかったです。

 日本にいる時には、とにかくパリというのは寒い街だって聞いていました。
 だいたいパリって、日本の北海道と同じ緯度ですし…

 ステファンさんの奥様からもメールで、
 「今年のパリは、例年になく寒くて風邪ヒキさんがいっぱいいます」
って聞かされていたから、旅立つ前は、僕はこれから凍える街に行くんだ… なんて気持ちでいました(笑)

 でも、去年のちょうど今ぐらいの時期から、パリは急に暖かくなったらしいです。
 僕がパリに着いた時の最初の印象は、日本よりもうんと暖かい… というものでした。

 あと、日本にいる時には、「フランス人というのは偏屈で自分勝手だ」 という情報が多くて、旅立つ前は、パリは住みにくい街かも知れない… という思いがありました。

 でも、パリに来てみたら全くの逆でした。

 ステファンさんなんて本当に優しくて温かいし、とにかくパリに住んでいる人の温かさを肌で感じました。
 (2012/3/5ブログ 「雨のパリと凱旋門」 参照)

 やっぱり、自分の目で確かめないとわからないものです。

 人は思い込みの世界で生きていて、現代は情報が氾濫しているから、知らず知らずそういうものに影響されて、いろんなものを色メガネで見てしまっているという事もあるかもしれない…

 本当の現実は、自分の思っていた事と全然違っていたりする…

 だから、自分の考えているものと、実際にそこにあるものは違う可能性があるという事を、常に意識すべきかも知れません。
   やっぱり、うちはイタチは強いだけの忍びじゃなかった… (イタチファン)

 とにかく体当たりでぶつかってみるのが一番早いですね。

 春よ来い…
 もう半月もしたら、また桜が咲きほこる季節がやってくるから…

 何事にもためらわず、思い切りぶつかっていくつもりです。

 <お知らせ>
 僕の鑑定を申し込んでくださったお客様、本当にありがとうございます。
 携帯電話から申込フォームやメールで申し込んでくださる方は、必ずパソコンからのメール受信拒否を解除しておいてやってください♪
 こちらから返信したくてもできません。
         連絡先の電話番号がないとお手上げです…

 いつまでたっても、鑑定申し込みの返事がないという方は、ちょっと携帯の設定を確かめてみて下さいね(^^)


クリックして頂けると、とっても嬉しいです!
関連記事