fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

なぜあの時パリだったのか

 昨夜はなかなか寝つけませんでした。
 いっその事、その時間に原稿の仕事に取り掛かろうかとも考えたんですけど、今日は早起きしなければならない予定があって、少しでも休んでおこうと、ベッドの中にいました。

 何だかずっと、胸が高鳴っていたのです。
 ベッドの中で、去年パリに旅立った時の思い出が、まるで走馬灯のように駆け巡っていました。

 ちょうど、去年の今日の今ぐらいの時間に、パリの地に初めて足を踏み入れたんです。
 (2012/2/27ブログ 「浅野太志 In Paris」 参照)

 何で、あの時行ったのがパリだったんだろう…… って、時々思います。

 もちろん、エテイヤのタロットに魅せられてパリに旅立ったというのも、まぎれもない事実なんですけど、それ以外にも、パリじゃなければいけない理由があるような気がする……

 吉方位だから…… というような理由じゃなくてです(笑)

 漠然としているんですけど、今、僕がこんなにも開放された気持ちで一年以上も居続けられているのは、あのパリの地と何か関係があるような気がするんです。

 なんか…… こんな事を書くと変な人と思われるかもしれないですけど、いや、もうとっくに変な人だと思われているだろうからいいんですけど(笑)

 遠い昔、あそこに住んでいたような気がするんですよ…… 多分……

 パリの街並みを見た時に、涙があふれそうなくらい感動したんです。
 それで、今まで抱えていたトラウマとか、ずっと心の中で割り切れない状態でくすぶっていた思い出が、パーッと溶けていったんです。

 思わず 「ありがとう……」 って言葉を何度もつぶやいていました。
  「Merci <メースィ>」 って言えれば、もっとカッコ良かったんでしょうけど(笑)

 この街こそが、僕の欲していたものだと思った……

 別に、彼女が出来た…… とか、念願の本が出版できた…… とか、そんなこの世的な喜びじゃなくて、あのパリの街並みを見ただけで、胸がいっぱいになったんです。

 きっと僕の心の故郷(ふるさと)がパリだったんだと思う。

 誰でもきっと、今までの人生の価値観をくつがえしてしまう、そういう場所があるんじゃないかと思います。

 それはこの日本かも知れないし、イタリアかも知れない。
 スペインかも知れないし、アメリカかも知れない。
 ひょっとしたら、名もないような南の島かも知れないけど……

 たまたま僕の場合は、それがパリだった。

 人生がくすぶって、夢や希望が持てなくなった時、旅立ってみたらいいです。

 きっとその場所で、なくしかけていた自分を見つけられるはずだから……

関連記事

プロフィール

浅野 太志

Author:浅野 太志

14歳の頃から、占いの世界に興味を持つ変わり者。
フランス・パリでエテイヤ・タロットの取材を終え、占い師として活動再開。
専門は、四柱推命、タロット、姓名判断など。


あなたの今日の運勢は?
 ここをクリック ↓ ↓



サイパン6日間限定ブログ


セドナ8日間限定ブログ



四柱推命完全マニュアル


タロット占い完全マニュアル


四柱推命人間学


四柱推命の占い方


四柱推命の景色



ホームページ
浅野太志の占い鑑定



エテイヤがついにヤフー占いサイトに登場!


ホルモンバランス