FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

ムッシュ浅野の「プチフランス語講座」 Leçon 7 2月編

 Bonjour ! <ボンジュー> (おはようございます)

 皆さん、おはようゴザイマス~。
 「エセ フランス語 講師」の ムッシュ浅野です。

 今回も、楽しくフランス語、勉強していきましょネ~!

 フランス語の場合、「おはようございます」 も 「コンニチハ」 も、みんなこういう時は、“Bonjour ! ” で、オーケーで~す。
 
 とっても、覚えやすいデスネ~。

 フランス語、トッテモ簡単デ~ス。   うそつき…

 ハイ、そこのアナタ 今 「このコーナーって、とっくにつぶれたんじゃなかったのかよ~」 って思いましたね~

 いけませんね~(笑)

 フランス語は、定期的にキチンと復習シナイと身につきませ~ん。
 ムッシュはいつでも、心の中で独り言を言う時は、フラ~ンス語使ってま~す!

 例えば…

  Tant pis! <タンピ> (しゃあない…) とか…

  Merci! <メースィ> (ありがと…) とか…

  Pas possible! <パ ポッシボゥ> (ありえね~) とか…

  Je t'aime. <ジュ テーム>  とか(笑)

 ハ~イ、時がたつのはホントに早いもので、もう2月になってしまいましたね。
 ムッシュが初めてパリに行ったのも、去年の2月でした。
 あの頃は、全くフランス語理解できませんでしたね~
    今もそうだけど…

 「2月」 の事をフランス語では、février <フェヴリェ> と言いま~す。

 ちなみに、パリで起こった 「二月革命」 を、フランスでは、
 Révolution française de 1848
 <エヴゴリション フォンセェズ ドゥ ミルユイッサンカラーンユイ>
 (1848年にあったフランスの革命)
と呼んでマス。

 2月に起こった労働者革命だったので、よく 「二月革命」 と呼ばれますが、これは日本の国の人達だけの呼称デ~ス!

 一緒に他の月の事も、覚えておきましょう。

 「1月」  janvier <ジャンヴィエ>
 「3月」  mars <マルス>
 「4月」  avril <アブリル>
 「5月」  mai <メ>
 「6月」  juin <ジュワン>
 「7月」  juillet <ジゥイエ>
 「8月」  août <ウー>
 「9月」  septembre <セプターンブゥ>
 「10月」  octobre <オクトーブゥ>
 「11月」  novembre <ノヴァーンブゥ>
 「12月」  décembre <デサーンブゥ>

 ハ~イ! 繰り返し繰り返し、発音してくださ~い。

 さて、今日の昼食は、受講生の方から頂いたフランスパンを食べる事にしま~す。     I さん、ご馳走さまです!

  フランスパン

 I さんは受講生といっても、この 「プチフランス語講座」 の受講生ではありませ~ん。    当たり前…

 こういう形のおなじみのフランスパンの事を、フランス語では、baguette <バケット> と呼んでマ~ス。

 パリのパン屋さんで、1ユーロ(現在124円)コインを渡して、

 Baguette sil vour plaît. <バケット スィル ヴ プレ>
 (バケットください)
 
 と言うと、お店の人はムッシュのような怪しい外国人にも、ちゃんとパンを売ってくれますよ(笑)
    パリが懐かしくなった…

 ちなみに、バケットとは、元々 「棒」 という意味のフランス語です。
 バケットは、日にちを置くとガッチガチに硬くなりすから、これで頭叩かれたらみんな失神しマ~ス(笑)

 さあ、それでは気分転換に、パリジェンヌ・クレモンティーヌの 「スーダラ節」 のフランス語バージョンを聴いてみましょう。



     クレモンティーヌのボサノバは、いつ聴いても癒されるね…

 それでは、今日はこのあたりで、ムッシュ浅野の「プチ・フランス語講座」を終わりま~す。

 みなさ~ん  Au revoir ! <オゥ ボワー> (さようなら~)


クリックして頂けると、ムッシュはとっても嬉しいで~す(^^)
関連記事