FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

たどり着くべき所にたどり着く

 僕は昔から超上がり症でした。
 ホントちょっとした事でも、すぐ緊張してしまうんです。
 器の小さい小心者ですから(笑)

 大勢の人の前で話す時とか、好きな女性の前に出る時とか…

 もう心臓がドキドキして止まらないんですよ。
 で、言葉がうわずっちゃうんです(笑)

 でも、ふと気がついてみると、今はそんなでもなくなっているんです。

 それで、昔はなんであんなに緊張しちゃってたんだろうって、思いめぐらすと… やっぱり欲ですね。

 大勢の前でスラスラとスピーチを成功させて、みんなから尊敬されたい… とか、好きな女性をうまく射止めて、いつの日か結婚できたらいいな… とか、いつも妄想してたからです(笑)

 じゃあ今はなんでそんな風に緊張しなくなったかというと、ある事に気づいたからなんです。

 それは、「たどり着くべき所にたどり着く」 という事…

 もちろん、人生は努力によってある程度は変えられると思うけど、例えば誰と結婚して生涯を共にするかなんて事は、大方の所もう決まっている気がするんです。

 それは例外なく、今の自分の意識レベルに近い人だと思うし…
 そしてまた、お互いの意識のレベルが離れていったら、また心も離れていくんだろうし…

 人から尊敬されるかどうかというのも、一回のスピーチが成功するかどうかで決まるんじゃなくて、今の生きざまが全てなんだって気づいたんです。

 だから、目の前の結果に振り回されてジタバタするよりも、自分のレベルを上げていった方が、何をするにも本当は近道です。

 道なんておのずと開かれてくるし、その先に自分のレベルにふさわしい成功や幸せがあると思う。
 その為に今何をやるべきかも見えてくるし、自然にその為の準備もできるようになる…

 僕は今、自分の未来について、こんな風に考えています。

 この先、占い師として大成功するかもしれない…
 でも、この先ピタッと収入がとだえて、バイト生活とかになってしまうのかも知れない…
 ひょっとしたら、そのバイトさえ見つからなくて、路上生活者になっちゃうかもしれない。

 普通の人は、そんなのは冗談じゃないって思うかもしれないけど、僕は仮にもしそういう未来があったら、そこで何か学ぶべき必要な事があったんだろうなって思うんです。

 もちろん、なるべくそうならないようにするつもりですけど(笑)

 この先どうなるかなんて、そんな事は天にお任せして、今やれる事を淡々とやっていこうと思います。

 そんな不安に振り回されるよりも、少しでも自分のレベル上げたいし、今自分のそばにいる人を幸せにしたいと思う…

 僕ももちろん人間だから、今でもたまにはそういう事に囚われてしまう事もあるけど、またすぐに気持ちを切り替えます。

 たどり着くべき所にたどり着く…

 心が解き放たれた時、きっと安心と幸せに包まれている貴方自身に気づくはずです。


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)
関連記事