FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

人生は双六ゲーム

 僕が最近感じるのは、やはり人生というのは、要所要所においての筋書きは、だいたい決まっているという事です。
 もちろん、だいたいであって100%ではないと思いますけど…

 でも、要所要所以外の所(例えば日常の些細な出来事)は、ほとんど決まっていないと思いますね。
 その領域に関しては、人生で自由がきく部分だと思う。

 日常の生活の些細な部分のツキというのは、サイコロを振るのと同じで、偶発的にどんな目が出るかわからない…

 こないだお昼に、一人で中華料理店に入ったんです。

 僕はこういう時でも時間を無駄にしたくないので、料理が出てくる前に、本やブログの原稿のチェックとかをしたりします。

 広い4人掛けのテーブルが2つも空いていたので、そのお店に入ろうと決めたのですが、店員さんに、わざわざ奥の他のお客様がいるテーブルを案内されて合い席にされてしまいました。
 目の前でお客様がラーメンを食べているから、これでは原稿も取り出せません(笑)

 あの空いているテーブルは予約席だったのかな… なんて思っていると、次に一人で入ってきたお客様は、別に予約したわけでもなさそうなのに、その広いテーブルに案内されているし…

 頼んだ料理は全然出てこないし、残った一つのテーブルには誰もすわる気配もない…
 あそこに案内してくれれば、この時間に原稿を見直せるのになんて思ったりして…

 僕はパリから帰ってきてからというもの、本当にツキまくりの人生ですが、こういう部分に関しては、ツイてたりツイてなかったりです。
 ただし、全体的にツイているので、常に心に余裕があります。

 日常生活の細かな事に関するツキというのは、完全に確率論です。サイコロを振っているのと同じですね。 「1」 が出る事もあれば、「6」 が出る事もある。
 ツイている人が、いつも 「6」 ばかり出るサイコロを持っている訳ではないです。

 ところがツイている時って、例え 「1」 が出ても、結構余裕でいられたりします。
 それで 「6」 が出ると、ものすごく嬉しかったりする…

 逆にツイていない人はどうかというと、「6」 が出てもそんなに感動する事もないのですが、たまたま 「1」 が出たりすると、
 「なんてツイていないんだ~」 って、嘆き悲しむんです(笑)
 あげくの果てに、店員さんにクレームをつけちゃったりします。
 「後から入ってきた客に、広い席を案内するなんておかしいだろ」 なんて…

 でも、お店の人にだって考えがあったんです。
 あの大きなテーブルは、3名様とか4名様が来たら案内しようと思って、わざと空けているんです。
 結果的にたまたま一人のお客様が続けてきちゃったから、仕方なくそういう事になってしまった…

 心に余裕があると、そういう部分も見えてくるし、相手の立場も苦労もわかる…
 これが人に対する気配りにもつながるし、結果的に人望とか、運の良さにもつながっていくと思うんですよ。

 あの場で店員さんにクレームをつけて、広い席に移されたとしても、その代わりにその人は大切なものを失ってしまう…
 そういう狭い視野で生きている人というのは、人望も得られないし、結果的に運も開きにくい… 毎日が不平不満のクレーマー人生です。

 人生は、まるで双六ゲームです。
 一つだけ大きな違いがあるとすれば、人生にはゴールというものが存在しない事…

 振ったサイコロは、予測不能のいろいろな目が出ます。
 「6」 が出て喜んだのも束の間、入ったマスは3回休みだったり、「1」 が出たけど入ったマスは10マスすすむだったりします(笑)

 好きだった恋人に振られて悲しんだのも束の間、もっと素敵な人が現れる事だってある…

 一喜一憂しないで、自分の信じた道を進んだらいいです。
 なるべく相手の立場を理解してあげて、いつも笑顔でそれでいて全力でぶつかっていく…

 やがて、どんなサイコロの目が出ようが、サイコロを振るチャンスが与えられている人生そのものに、感謝できるようになるはずです。
   そう言えば 「人生ゲーム」   昔、みんなでよく遊んだなあ… 懐かしい(笑)


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)


関連記事