FC2ブログ

浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

食べ物の好みは変わる

 昨日の事ですが、夕食は何にしようかと… ふと、食糧棚を見ると、カップ麺がありました(笑)

 少し前にイトーヨーカドーで安売りしていたので、いざという時に役に立つ事もあるだろうと思い、1つだけ買って置いたのです。  いざという時って一体…

 それで、ちょうど小腹が空いていたので食べる事にしました。
 一瞬 「それはやめた方がいい」 という心の声を聞いた気もしたのですが(笑)

 早速、カップ麺の中にお湯を注ぎました…

 僕は昔、カップ麺が大好きだったんです。
 20代の頃はお金もなくて自炊もしなかったので、一日一回はカップ麺でした(笑)
 あの頃は生活荒れまくってました。

 でも、カップ麺と言っても、本当にピンキリなんですよ。
 ひとくくりにする事はできません(笑)
 値段も高くて素材重視のものは、下手なラーメン屋さんのラーメンよりもうまいんです。
 ただし、体にいいかどうかは別にして…

 今どきは、さすがに合成保存料が入っているようなカップ麺はありませんが、添加物はぎっしりです。
 そうでなければ、長期保存がききませんから…

 お湯を注いで待つ事3分… 早速食べてみました。

 …マズ~い(笑)

 昔はあんなに美味しいと思っていたカップ麺がこんなにマズかったとは…
 でも、捨てるのはもったいなかったので、全部食べました。

 何か胸やけがするし、気のせいか、体中がかゆい気がします(笑)   昔はこんなものを毎日食べていたのか…

 人というのは、その時の精神状態の良し悪しによって、食べ物の好みが変わるのかも知れません。

 そういえば、茨城県警の調査で、少年犯罪で逮捕された子供の食生活を調べてみると、インスタント食品、スナック菓子、甘いペットボトル飲料の大量摂取という共通項が、全員にあったそうです。

 それから、今から30年ぐらい前の事ですが、ポルトガルのリスボンで、いわくつきの凶悪犯の囚人28人に、玄米食と野菜を毎日食べさせ続けたら、今まで看守に悪態をついていた囚人達が、ちゃんと看守に挨拶をするような模範囚になってしまったという話があります。

 やっぱり、精神状態と食生活は密接な関係がある…

 僕も、最近ではすっかり食の好みが変わって、イトーヨーカドーで買った野菜の袋(8/22ブログ 「買い物上手」参照)のサラダとか、悠庵のメンバーの人に作ってもらった玄米食のおにぎりなんかが、めちゃくちゃ美味しく感じるんです。
     昔の僕には絶対に考えられなかった…

 さて、それでは今日も、野菜の袋のサラダを食べて、出かけるとしますか~(笑)


 「占い」と「癒し」の両方のランキングに参加する事にしました ♪
 (どうやら、ランダムで画面が切り替わるようです)
   押して頂けると、  ↗
   浅野太志が目をうるませて喜びましゅる
   りもママのブログ、素敵だな…

関連記事