浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

この瞬間の光の中で

部屋 このパリに滞在するのも、あと一週間。

 そう思うと、何もかもがとてもいとおしく思えてきます。

 やっと、住み慣れてきた、アパルトマンの7階にあるこの部屋…。


エレベーター
 いつも使う、レトロなこのエレベーター。

(←金網のドアを手で開けて、中に乗り込みます)


 だいぶ見慣れてきた、外の風景。

   外の風景

 そして、この特別な時間…

 長い人生の中で二度と戻ってこない、今というこの瞬間。
 この瞬間の連続の中で、僕は生きている。

 これは、この先もずっと同じですね。
 別にパリにいなくても、それはやっぱり変わらない。

 それにもかかわらず、人は弱いから、今この瞬間に生きていない事も多かったりします。
 過去に起こってしまった事や、未来の心配事に、いつも心を奪われて…。

 せっかく生まれて来たのだから、やっぱりそれはもったいないと思いました。
 クヨクヨいろんな事に思い悩むのは、別に今じゃなくても、あの世に行ってからだって出来ますもん。

 いつだって、真新しい「今」という名のこの瞬間の光に包まれている。
 それは当たり前の事なのに、いつも僕は忘れてしまいがちで…

 だから時々思い出す事にします。

 シャワーを浴びている時の温かいお湯の肌触り…
 食事をしている時の幸福感…
 目の前の街の、この瞬間の素晴らしい景色…

 物思いにふけって、おざなりにしてしまわないように。

 もしも、今何かに心が捉われてしまっていたなら、この当たり前の事をぜひ感じてみてください。
 ほんの少しだけでも構いません。

 心が捉われから抜けた時、無限の可能性を秘めた「今」がそこにあるのが、きっと見つかるはずです。


関連記事