浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

パリの日常生活

 今日のパリはかなり暖かく、だんだん春らしくなってきました。
 考えてみれば、まだ、パリに来てから本当の冬の寒さを感じるような日は体験していません。

 ここの所、ずっと自宅に閉じこもって、原稿の仕事などをしています。
 当たり前の日常生活 … そう、日本でいる時とあまり変わりありません。

 洗濯は、アパルトマンの近くのコインランドリーを使っています。
 パリのコインランドリーと言っても、日本と変わりありません。
 ただし、洗濯機の使い方の説明が、全部フランス語で書いてあります(笑) …当たり前

 ちゃんと毎日、自炊していますよ。
 炊飯器でお米たいてます。

 買い物は近所のスーパーマーケットに行ってます。
 ちなみに今日は、レタスとマヨネーズを買ってきました。

お食事日本から持ち込んだレトルトカレー

レタスをちぎってマヨネーズをかけたもの

ティーパック紅茶

 何気に美味しかったりします…。
 食事は、ささやかな幸せのひと時。

 
 さっき、昨日のブログを読み返していて、ちょっと思い直した事があります。

 僕はいつも仕事重視で、突っ走りすぎる傾向があるなって…。

 一つの事に打ち込んでいる男性の姿に、女性は惹かれるものじゃないかな…と、昨日は書きましたが、少しだけ反省と訂正。
 男性は仕事に夢中になるのと同時に、愛する人の事も、常にしっかり見守る事を忘れちゃいけませんね。

 考えてみたら、いつも僕はそれが出来なくて、失敗してきたなあ…。

 この仕事のプロジェクトがうまくいったら、僕も少しは真面目に、身を固める事も考えてみようと思います(笑) 

関連記事