浅野太志 songe a Paris

パリでエテイヤ・タロットの取材を終えた、占い師・浅野太志の日々の活動をつづります。

パリはいつでもそこにある

 午後の昼下がり、やわらかい時間の流れの中で、おだやかな風を感じてみる…

 壁に掛けられた カレンダーの写真のシャンデリゼ通りの風景は、懐かしい過去の記憶を呼びさます。

 窓から見あげる空の その果てしない向こうには、あの賑やかで優しいパリがある。

 また、あの街に行きたいと思う。

 3年前に旅立ったのは、あの街で心を満たす何かを探す為…
 今それは、しっかりと僕の心の中にある。

 だから今度は、ただあの街に会いに行こうと思う。

 パリはいつでもそこにある。
 それは、愛に満たされた場所…

 ありがとう。

 僕の素敵な心のふるさと。



 今まで長い間、ご声援ありがとうございました。
 これからは、月一回程度、メルマガ 「シルフィーユ通信」 にて、お会いしましょう!



 P.S.
 今度はすごく軽いノリで、新ブログを始めました。

 「 浅野太志 やさしい風のように ~心のつぶやき~
              「浅野太志 グリーンの風」改め(笑)
 
  本当、ただのつぶやきブログです(^^)



 このブログは、ずっとこのままにしておくので、時々遊びに来てください。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

オリジナル曲 “Songe à Paris”

 このブログも、もうあと1回で終わり…

11月のカレンダー シルフィーユに飾ってある、みどりん先生から頂いたカレンダーの11月は、エトワール凱旋門から見たパリのシャンデリゼ通りの風景が写っていました。

 パリのアパルトマンで暮らしていたのは、もう3年前…

 懐かしいなあ…

 僕は子供の頃から、心がすごく満たされた時には、ふっとメロディーが浮かんできて、それを口づさんだりしてました。

 実際にある曲のメロディーの時もあれば、そうではなくて、全く聞いた事もないようなメロディーがわいてくる事もあります。

 昔の僕は、シンガーソングライターになりたくて、よくオリジナル曲を作っていたものです。
 いつもは、メロディーラインを先に作っておいて、その後に詞をつける…

 それで曲のメロディーのフレーズを思いつくと、すかさず紙に書き留めていました。

 譜面を書くのが面倒なので、その為にいつもテープレコーダーを持ち歩いていた時期もありました。
 その頃は、今みたいに、録音機能がついた携帯電話もありませんでしたし…

 あちこちにデモ・テープを持ち込んだものの、シンガーソングライターの夢は、残念ながら挫折です。
     あまりにも、歌が下手だった…

 その夢をあきめてからは、もう書き留める事はなくなってしまったんですけど、それでも、いつもメロディーは浮かんでくる…

 パリの街を歩いていた時、いつも同じメロディーがずっと流れていたんです。

 別に作曲する気なんてないのに、そればかり口ずさんでいたら、完全に曲になってしまった…

 なんか久しぶりに、曲のアレンジをしてみようかな…
という気になりました。

 本当はそんな事をしている時間は全然なくて、メールの返信も済まさなくてはいけないし、今度のタロット講座の準備もあるし…

 にも関わらず、どうしてもパリの思い出に浸りたくて… 随分と時間を使ってしまいました。

 もちろん、詞はつけていません。
 完全にインストメンタルです。

 何気に これは凝ってます(笑)
 メロディーラインに、コードのシンセをつけて、ベースラインとドラムまで入れてみました。
 本物そっくりの音ですけど、実は全部コンピューターの合成音です…

 夢中になっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。    なにやってたんだ… オレ…

 曲の名前は、“Songe à Paris”
 このブログのテーマ曲でもあります。

 パリで写した写真と一緒にして、Youtubeでアップしてみました。  動画の作り方をマスターする為に、えらく時間がかかりました…



 明日、最後に書くブログの前に、どうか皆さま、このオリジナル曲を受け取ってくださいね(^^)



クリックして頂けると、とっても嬉しいです♪

今年の冬はきっと暖かい

 今日は北海道で、今年初めてマイナス10度を記録したそうです。

 歯医者さんの待合室に設置されているテレビを見ていたら、札幌の雪景色の中で、学校に通っている子供が映っていました。

 冬、ずっと大嫌いでした。

 寒くて、ちぢこまって、心まで凍えるような感覚が辛くて…

 秋になって、これからまた冬がやってくるのか… って思うと、だんだんと暗くなってくると言いますか…

 ある意味、今のこの時期が一番ブルーですね(笑)

クリスマスツリー 東急ハンズに買い物に行った帰り道、新宿の街にクリスマスツリーが飾られていました。

 とってもきれい…

 でも、20代とか、毎年クリスマスは、いつも淋しく一人で過ごしていたから、ろくな想い出がないんですね。

 街で、キラキラと色とりどりにきらめくイルミネーションを見ると、なんだか淋しくて、余計に寒さが身にしみました。

 でも、今はもう違います。

 それに、今年の冬はきっと暖かい…

 こうして過去を振り返ってみれば、やっぱり人生にはそういう時期は必要だと思う。

 冬に身が引き締まった野菜は、本当に美味しいと言うけれど、人間だって同じかも知れません。

 だから今、昔の僕みたいな淋しさを味わっている人は、きっとすごい花を咲かせると思うんです。

 僕なんて大した実力はないけれど、それでもこうして、それなりの花を咲かせる事ができたんですから…

 それにしても、人生の冬を乗り越えると、人の優しさが本当に身にしみますね。

11月17日お届け物 シルフィーユに昨日届いた、Yさんからの開店祝い…

 大きな箱の中に、幾重にも箱や袋があって、どんどんめくっていくと、中にはSOYJOYと、トトロの素敵な写真立てが入っていました。

 こういうさりげない贈り物、好きですね。

 さてこの写真立ての中に、どんな写真を入れるとしましょうか…

 人は誰でも、自分が思い描いた好きな人生を選ぶ事ができます。
 僕が選んだ人生は大正解でした。

11月18日お届け物 そして、今日は千葉のHさんから、開店祝いの美味しいお食事の詰め合わせセットが、贈られてきました。

  佐野らーめん、
  早速食べてみたら、
  美味しかった(^^)


 すごく、助かります。

 他にもいっぱいいろいろ頂いています。
 お米さえ炊けば、これだけで生活できてしまう…

 僕は、本当に周りの人から、たくさんの愛を受けています。
 贈り物だけに限らず、いろいろな形を通して…

 僕が今、こうして元気でいられるのは、きっと僕の幸せを心から願ってくれている優しい人達のエネルギーを受けているからだと思う。

 だから、もう今年の冬は寒くない…

 これだけの愛情を頂いて、一体僕はどれだけの事をお返しできているのだろう…

 きちんとお礼を言わなければいけないのに、時間に追われまくって、メールの返信を溜めたまま滞っています。

 でも、絶対に忘れてはいないです。

 だから、もうとっくに忘れた頃に、ご恩返しやお礼をする事になってしまうと思いますが、どうかその時は、呆れないで受け取ってくださいね。

 P.S.
 たまにこのブログに出てくる福岡に住むソフィさんは、僕の 「四柱推命講座」 の受講生でもあり、プロのダンサーでもある貴婦人です。

 福岡市で、家族ぐるみで素敵なダンス・サークルをされています。

 AKダンス・サークル
 http://ak-dance-circle.com

 ちょっと遅くなりましたが、ホークス優勝おめでとうございます!
 僕も一度でいいから、福岡に行ってみたいです(^^)


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)

ムッシュ浅野の「プチ・フランス語講座」 La dernière leçon

 Bonsoir ! <ボンソワー> (こんばんは)

 皆さん、お久しぶりデ~ス!

 「エセ フランス語 講師」の ムッシュ浅野です~。
 覚えてくれてますか~?

 今回も、楽しくフランス語、勉強していきましょう!

 ハイ、そこのアナタ 今 「1,000回終了を目前に、この期におよんで、またそれやるのかよ…」 って思いましたね~

 いけませんね~(笑)

 このブログの題名は、「Songe à Paris」 ですから、これでも一応、パリがお題のブログなんですヨ~

 このサイト、「パリ生活情報Jimomo」 にだって、転載されてイマ~ス!

 知らないうちに、「436いいね」 になってました…

 みなさん、本当に
 Merci beaucoup! <メーシーボクー>
 (ありがとうございます)

 にもかかわらず、パリに全然関係ない内容になってる事を、ムッシュはなにげに気にしてマ~ス。

 パリ生活情報から、間違ってこのブログを閲覧してしまった人、「なんだよコレ」 って、きっとビックリしますネ~

 でも、今日でこのコーナーも、
 La dernière leçon <ラ ドゥニー ルソン> (最後のレッスン)
 デス!

 ムッシュ、とってもお名残り惜しいデ~ス。

 みなさん、今までのムッシュとのレッスン思い出して、何度もフランス語練習してクダサ~イ。

 プチ・フランス語講座 Leçon 1
 プチ・フランス語講座 Leçon 2 ~ムッシュはつらいよ編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 3 ~Anniversaire編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 4 ~ca fait longtemps編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 5 ~マック編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 6 ~あいさつ編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 7 ~2月編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 8 ~数え方編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 9 ~料理編~
 プチ・フランス語講座 Leçon 10 ~voyageons編~

    こんなの、もう10回もやっちゃったんデスネ…

 パリは、トッテモ素敵な街デ~ス。

 この前もちょっとだけやりましたけど、パリで生活するのに基本の言葉は、次の3つになりま~す。

 それは、 Bonjour ! <ボンジュー> (こんにちは) と、

 Merci ! <メースィ> (ありがとう) と、

 Sil vour plaît. <スィル ヴ プレ> (お願いします) デ~ス。

 一応この3つだけでも言えれば、パリでなんとか暮らしていけます。
 ムッシュは、これだけで生きてました(笑)

 それでは、「プチ・フランス語講座」 の最後の締めくくりとして、愛を伝えるトッテモ素敵な言葉、覚えましょうネ~

 まずはこれデ~ス。

 Vous êtes très belle! <ヴ ゼット トレ ベル>
 (あなたはとても美しい…)

 なんだか、照れますネ~


 こんな言葉もありマ~ス。

 J'ai pensé toujours à vous.
 <ジェ パンセ トゥジュール ア ヴ>
 (ずっとあなたの事ばっかり、考えていました)   これはかなり重い…

 このセリフは、撃沈覚悟で言ってくだサ~イ。


 そして最後… やっぱりお決まりと言えばこれ…

 Je t'aime. <ジュ テーム> (愛しています)

 フランスは愛の国ですから、こういう言葉、結構頻繁に使いマ~ス。

 日本の人、恥ずかしがっていては、いけませんね~

 よく考えてみたら、ムッシュは今まで、たった一度も姿を見せた事ありませんでしたネ~。

 このコーナー 今日で最後ですので、こうなったら直接 皆さんにフランス語お伝えシマ~ス。
    ヤケっぱちです。 笑ってやってください…    



 それでは、ムッシュ浅野の 「プチ・フランス語講座」 は、これにて終了デ~ス。

 みなさ~ん  Au revoir ! <オ ヴォワー> (また会う日まで)


クリックして頂けると、ムッシュはとっても嬉しいデ~ス(^^)

生きとし生けるもののあるべき姿

 街に吹く風も、すっかりと冷たくなってきて、一刻一刻冬が近づいているのを感じます。

 気づけば、このブログも残りあと4回…
 なんだか、遺言を書いているような気持ちになりますね(笑)

 今日もシルフィーユ(電話鑑定を含めて)に、素敵なお客様がいっぱいいらしてくださいました。

 こうしてご縁を頂けた事に、心から感謝しています。

 気のせいかもしれないけど、うんと遠い昔にどこかでお会いしているような、何故だか なつかしい気持ちになるんですね。

 昨日、鑑定室に置いてある観葉植物のモンステラ(10/31ブログ 「この小さな樹木のように」 参照)が、なんだか少し元気がない気がして、朝一番でこれを買ってきました。

   グリーンアンプル
     なんか美味しそう…

 こういう観葉植物というのは、部屋の邪気を吸い取ってくれるので、ある程度枯れてきたら、すぐに新しいものに取り換えた方がいいと言われます。

 確かにこれは正しいのかも知れないけど、なんだか使い捨ての雑巾のように扱うみたいで、僕はちょっと嫌です。

 こうやって育てていると、感情移入しちゃうのかも知れません。

 買ってからしばらくは、ピンピンしていたんですけど…
 もちろん水は、当然ちゃんとあげてます。

 でも、ここ最近メールの返信ができないくらいに忙しくなって、なんか義務的に植木鉢に水を注いでいたというか… すっかりモンステラに話しかけるのを忘れてました(笑)
    きっと、これがスネた原因だ…

 これは、江本勝(まさる)さんという波動の研究をされている方のグループが、実際に行った実験なのですが…

 3つのガラス瓶にご飯を入れて、1ヵ月間一つの瓶には 「ありがとう」 と声を掛け続け、もう一つの瓶には 「ばかやろう」 と声を掛け続ける… そして、もう一つの瓶は、何にもしないで放置しておきました。

 1ヵ月後、「ありがとう」 と声を掛け続けたご飯は、麹のような芳醇な香りがしていたのに対し、「ばかやろう」 と声を掛け続けたご飯は、腐って真っ黒になってしまったそうです。

 でも、何にもしないで放っておいたご飯は、「ばかやろう」 と声を掛け続けたご飯よりも、先に腐ってしまったそうです。
 そして、別の人がこの実験をやっても、全く同じ結果になった…
 (参考文献 : 江本勝 著 「水は答えを知っている」)

 この話、わかる気がします。

注入 昨日早速、「元気になってね」 って話しかけながら、このグリーンアンプルを注入して、今日の朝見てみたら、また元のように元気になっていました。

 言葉が効いたのか、グリーンアンプルが効いたのかは、良くわかりませんけど…

 ずい分昔の話ですが、僕が小学生の頃、家にセキセイインコのつがいを飼っていたんです。

 そしてやがて子供のインコが生まれたのですけど、その中に1匹、体の弱いインコがいたんですね。

 最初からビッコを引いていたし、だんだんと弱っていって、最後はほとんど動かなくなってしまいました。

 それで、うちの母が、ずっと手の平に包んで、元気になるように話しかけていたんです。

 そうですね… 3時間ぐらい…

 そうしたら、その後息を吹き返して、本当に元気になって、結局そのインコはすごく長生きしました。

 その 「元気になって欲しい」 という想いが、インコの心にも伝わったのだと思う…

 熱や電気と同じで、生き物のエネルギーだって伝導するから、当然と言えば当然です。

 だから、命ある者が命ある者の幸せを真に願えば、それは叶うし、その人の健康状態や人生そのものを変えてしまう事ができると思う…

 だからやっぱり、使い捨てと言うのは良くない…

 観葉植物でもそうですけど、人の縁でも同じで、「もう役に立たないから、どうでもいい」 とか、「運気が落ちてるから、距離を置いた方がいい」 って考えるのは、淋しすぎると思う…

 使えないんならさっさと捨てて、早く替わりを見つけた方が手っ取り早い… という考え方も、もちろん理解はできるけど、僕はそれは本当に最後の手段にしたいんです。

 もちろん、悪意を持っていたり、あまりにも不誠実な相手に対しては別としても…

 だって縁があるから、その人と知り合った訳ですから、僕はできる限り、その大事な縁をつなぎたいと思う。

 それに、本当にこちらの想いが伝われば、きっとその人だって変わる…

 生きとし生けるもののあるべき姿って、そういうものなんじゃないのかな… という気がするんです。

 P.S.
ライブの旗 昨日の夜は、渋谷にあるライブハウス 「TAKE OFF 7」 で、S君とS君の奥さんを誘って、アイドルの鈴木まりえさんの誕生日ソロライブを見に行きました。

 「えっ、アイドルを見に行ったんですか!?」 って、ツッコミが入りそうですけど(笑)

 実を言いますと、昨年 鈴木まりえさんのマネージャーさんが、銀座オフィスで僕の鑑定を受けてくださった事があったんです。

 それからずっと、必ず一度ライブに行かなくてはと思いきや、どうしても時間が取れなくて、1年以上たってやっと昨日 念願がかないました。

 鈴木まりえさんは、ただのアイドルではありません。
 なんと、36歳のアイドルなんです!

 だから、テレビ番組の 「有吉反省会2時間スペシャル」 で、有吉さんから思いきりツッコミが入っていますが、僕はこういうのもいいと思うんですね。
 大切なのは、見に来た人が元気になれるかどうかです。

 鈴木まりえのアイドル吊り掛け式日記
 http://blog.oricon.co.jp/mariex/

 それにしても、すごいライブでした。
 会場全体が盛り上がっていて、一体となっていました。

 歌と一緒に会場のファンが 「まりまりまりまり まりえ~」 って、叫ぶんですけど、その声が揃っていてすごく気持ちいいんです。
     1日たった今も、耳に残っている…

 鈴木まりえさんも、ずっと歌いまくりで踊りまくりでした。
 さすがベテランだけあって歌唱力も抜群です。

 あれは相当に体力勝負だと思うのですが、どんなに体がハードな状況でも笑顔を絶やさない所がさすがだと思いました。

 実は鈴木まりえさんは、体を酷使していた事もあって、数日前までこの日のライブができるかどうか分からない状態にあったんですね…

 最後に感激のあまり、涙を流しながらその事をカミングアウトした姿が、とても印象的でした。

 素敵なライブを、本当にありがとうございました!


クリックして頂けると、とっても嬉しいです(^^)